総再生回数

660,213,908

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選
世界中のセレブが集まる憧れの国モナコ。グレース・ケリーのシンデレラストーリーで、更にその名が世界中に知られるようになりました。ハリウッド女優として絶頂期の頃に、そのキャリアの全てを捨ててモナコ大公レーニエ3世と恋に落ち、公妃となりました。
エレガントで気品あふれるその美しさは、今でも女性たちの永遠の憧れ。自ら運転する車で事故に遭い52歳でその生涯を閉じましたが、ひとりの女性としての彼女の生き方と華やかなライフスタイルは、20世紀最大のシンデレラストーリーとしていつまでも語り継がれていくことでしょう。

モナコは、南仏コートダジュールのニースとイタリアの中間に位置する立憲君主制の小国。地中海に面していて、美しい風景はもちろんのこと美味しい食材も豊富に手に入るのでグルメにとっては嬉しいところ。フランス料理やイタリア料理など美味しいレストランもたくさんあります。

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選・F1
国のイメージとしては、「F1グランプリ」「グレースケリー」「億万長者」「安全」「税金が安い」「カジノ」などですが、町はキレイに掃除が行き届きゴミなどは落ちていないですし、噴水があり花々が咲き乱れている非常に整った国。
コートダジュールの表玄関ニース国際空港から車で約1時間。ヘリコプターを利用すれば7分です。そして車で15分も走ればもうイタリアの国境で、ミラノまでは300キロしか離れていません。
非常に地の利がよく、安全で清潔、そして温暖な気候。物価は高くても世界中から集まってくるセレブ達が住みやすいように作られた国、それがモナコといえます。
そんな憧れの国モナコで、「プリンセス気分を味わって過ごす旅」、いかがでしょうか。
⇒モナコのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

1.モナコの観光&ショッピング

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選・教会

大公宮殿

1215年に、要塞跡に建てられた宮殿で、海に向かって突き出した岩山の上に建っています。王宮の上に旗がかかっていれば大公がいるという意味で、毎日11:55分には衛兵交代が行われます。ぜひ、衛兵交代の時間にあわせて出かけてみたいですね。
またこの周辺は、観光客向けのお土産屋さんがひしめき合っているので、とても面白い場所。レストランやカフェもありますので疲れたらひと休みしながらのんびり過ごせます。

海洋博物館

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選・海洋博物館
一見、宮殿のようにも見える建物で、水族館とはわからないくらい立派です。夏場はちょっと涼しげな穴場かもしれませんね。モナコ観光の出発点の大型駐車場から、どのツアーグループもエスカレーターを使って進む最初の観光場所がここ。通常、ツアー客は外観の説明のみで素通りなので、時間に余裕があったらぜひ中をご覧になっていただきたいと思います。

大聖堂

1875年に建設されたカトリック大聖堂。大公一家の行事はここで行われ、今は亡きグレースケリーのお墓もあります。
大公宮殿、海洋博物館、大聖堂は同じ地区にあり、歩いて回ることができます。

ショッピング

モナコの町の中心部には、エルメスやルイ・ヴィトン、グッチなど、高級ブランドの店が軒をつらねていますので、優雅にショッピングが楽しめます。

エルメスのケリーバッグ

グレースケリーが妊娠中に記者の目をごまかすためにエルメスのバッグでお腹を隠したことから有名になり「ケリーバッグ」と改名されたバッグ。

モナコとモンテカルロの違い

旧市街がモンテカルロ。それを含めた全土がモナコ。

2.鷲の巣村「エズ村」で過ごす1日

モナコとニースの中間に位置している絶景の丘の上の村。こういう村は、鷲の巣村と呼ばれ、フランスやイタリアの地中海地方に多くあります。なぜこのように呼ばれるかといえば、鷲の巣が、卵や雛を守るために山や崖の頂上にあるのと似ているからで、他の動物が近寄らないようにという理由があります。
人間においても同じで、敵が侵入して来ないように、断崖絶壁の孤立したところに村を作ったのでしょう。それで鷲の巣村と呼ばれるようになったのです。

エズ村は、コートダジュールの他の村々同様、中心部には車は一切入っていけません。村の入口にある駐車場から徒歩で坂道を上って行くと、公園のある展望台(有料)まで行き着きます。
村には、可愛いお土産屋さんやブティック、画廊など個性あふれるショップがたくさんあって、1日いても飽きないどころか、むしろ時間が足りないかもしれません。どこをとっても絵になる風景ばかりで、写真好きな方にもお勧め。
そして、この近くの、グラースという所にある香水工場にも立ち寄ってみましょう。
香水を作る工程その他、香水にまつわる話とともに、購入もできますのでぜひとも足を運んでみたいところ。
きっとあなたにとって素敵な香りの香水がみつかると思います。

この村にある高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・シェーブルドール|Chateau de Chevere d’Or」は、フランス語で「黄金のヤギのお城」という意味で、洒落た看板には黄金のヤギの絵が描かれています。このホテルは、1本道がつづく、村のメインストリートの突当りに位置していて、ホテル内にはカフェやレストランがありますので、テラス席でティータイムやお食事をとってみてはいかがですか。紺碧の地中海や、コートダジュールの町が見渡せる風景が堪能できます。さすがに最高級ホテルだけのことがあり、見事な絶景だけではなく、クラシックな調度品や内装も見事。もちろん味もサービスも一流なので、ぜひとも利用していただきたいホテルです。
⇒ラ・シェーブルドールのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.見晴しのよい山の上でのゴルフ

「モンテカルロゴルフクラブ」は100年の伝統を誇る歴史あるゴルフ場。海抜900mに位置しているので、紺碧の地中海と牧歌的な高原が広がる風景の中で、思う存分プレイが楽しめます。18ホールからなる、起伏にとんだ地形で構成されていて、レンタルクラブやカートも有料で借りることができるので、シューズだけ持っていけば気軽にプレイをすることができます。ただし予約が必要なので注意しましょう。ホテルのコンシェルジュかネットで予約ができます。
日本のようにランチを挟んでのプレイではなく、一気に18ホールをまわるスタイル。朝早く、又は夕刻の時間帯を選んだらよいと思います。

4.タラソテラピーで「ビューティ」を磨く

「テルムマラン・モンテカルロ|The Monte-Carlo Thermes Marins Seawater Spas」、ここはヨーロッパで最も美しいと言われているラグジュアリーなスパです。もちろんモナコの一流ホテルの中にもスパはありますが、せっかくならば、ぜひともここで体験していただきたいと思います。20世紀初頭にはすでにモナコにあったタラソテラピーセンターですが、この施設は、1995年に前大公であるレーニエ三世公が改装して作らせたもの。

タラソテラピーという言葉は、ギリシャ語で「海辺の治療」という意味で、いわゆる「海洋療法」です。ミネラルが豊富な、泥や海藻を使用するパック、海水でのジャグジーやプールなど、各種マッサージは、心と身体をリラックスさせ、日ごろのストレスを解消してくれる至福のとき。
海水が身体によいということは古代から言い伝えられており、医学にも役立っていました。タラソテラピー先進国であるフランスでは、症状によっては保険の対象になるほどメジャーな療法です。
初めて訪れる場合は、まずタラソテラピーの3つの施術を体験できる200€前後のコースがお勧めです。ドリンクやランチがついたコースなども各種ありますので、お好きなコースで極上の時間を味わってみてください。

5.カジノで遊ぶ

町の中心部にひときわ目立つ豪華な建物が「グランカジノ」。パリのオペラ座を作ったシャルル・ガルニエという建築家が手掛け、その美しさはモナコの建築物の中でもひときわ目立っています。このカジノは有料で、入場券を買う時にパスポートの提示が求められますので忘れずに。さらに奥には大金をかけて遊べる部屋もあり、さらに別の入場券が必要になります。
その他、グランカジノの向かい側にあるアメリカンゲームカジノやモンテカルログランドホテル内にあるサンカジノ、モンテカルロホテル内のカジノなど色々ありますので、昼だけではなく充実したナイトライフも楽しめることでしょう。

6.フェラーリツアー

モナコ発ホテル送迎つきのフェラーリ助手席乗車体験ツアー。30分~8時間までチョイスできます(150€~)。さらには、自分で運転体験ができる夢のコースもありますよ。紺碧の海岸コートダジュールを、憧れのフェラーリで運転できるなんて夢のよう。絶対に忘れられない思い出になることでしょう。

7.優雅な高級ホテルライフ

モナコにあるのは、そのほとんどが高級ホテル。一流のサービスが受けられ、非日常の世界を堪能できます。
「オテル・ド・パリ|Hotel de Paris Monte-carlo」と「エルミタージュ|Hotel Hermitage Monte-Carlo」は、格式のあるヨーロピアンタイプの超一流高級ホテルなので一度は泊まってみたいところですが、ランチやディナー又はバーで過ごすだけでも優雅な気分を味わえます。
⇒オテル・ド・パリのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)
⇒エルミタージュのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

8.セレブな夢の住宅ライフを味わえる気軽なレンタルアパートメント

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選・レンタルアパートメント
海岸沿いには、オーシャンビューの素敵なレンタルアパートメントがたくさんあるので、せっかくならせめて1週間以上は滞在してみたいものですね。およそ1泊ひと部屋は200€以下で借りることもできます。もちろんその条件にもよりけりなので、一概に安いか高いとは断言できませんが、インターネットでまめに探せば、自分の条件にマッチした掘り出し物に会えるかもしれません。
このようなレンタルアパートメントは、分譲で売り出す目的で作られた場合が多く、バスルームやキッチンも広く、2ベッドルーム以上の物件もあります。シーズンオフが狙い目ですね。
温暖な気候で冬には雪が降らず年間降雨量も少ないこのコートダジュール地方は、リタイヤした人々が移り住みたい国の上位に上げられています。実際その中でも、モナコは「特別な国」というイメージが強いのですが、セレブのための国なのです。
そんなセレブ気分を味わうために、レンタルアパートメントを利用してみてはいかがでしょうか。

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選のまとめ

気分は憧れのプリンセス!優雅に過ごすモナコの休日8選・まとめ
単なるパッケージツアーにはない優雅な休日を過ごすことによって、今後のあなたの人生がより豊かなものになると思います。
言葉の心配もあるかもしれませんが、モナコにはたくさんの外国人が住んでいます。それも、厳しい条件をクリアして移り住んでいる人達。そう、選ばれた人達なんです。「お金を出せばなんでも買える。」的な発想なのですが、ここまで徹底している国って他に類をみないのではないでしょうか。

フランスの陰で、あまり目立たなかった小国が、世界的に有名なハリウッド女優で、裕福な家庭で生まれ育ち、知名度のある絶世の美女グレースケリーをプリンセスとして迎えることにより、世界的にその存在感をアピールしたモナコ公国。そこを出発点としながら、あまりにも早い謎の死をとげてしまったプリンセス、そしてその子供たちの公室スキャンダルの数々。もしかしたら、その全てが運命だったと言えるのかもしれません。
映画を地で行くそんなストーリーが、特別な国「モナコ」を作り上げたのかもしれませんね。
非日常を味わう、極上モナコの休日プラン。格安お得ツアーの次に、ちょっと贅沢に味わってみてはいかがでしょうか。
⇒モナコのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:nekotabiko】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。