総再生回数

659,825,146

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選
ドイツのライン川とネッカー川の合流地点近くに位置し、古城ハイデルベルク城やドイツ最古のハイデルベルク大学で有名な都市ハイデルベルグ。大学に通う学生たちが多く活気にあふれる魅力ある町です。
また、ハイデルベルク城には、世界一大きなワイン樽があり、城で作られる美味しいワインを試飲することも出来ますので、ワイン好きな方には楽しみな場所ですね。

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・街並み
小さい町ながらも、城と旧市街を中心にして見所が満載なので、ぜひ数日滞在してのんびりと過ごしたいところ。永遠の青春が息づく町ハイデルベルグの魅力についてご案内したいと思います。

1.ハイデルベルク城|Heidelberger Schloss

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・ハイデルベルク城
ドイツ皇帝に次ぐ重要な地位にあったプファルツ選帝侯の居城であったハイデルベルク城は、17世紀の二度の戦争により徹底的に破壊され現在も廃墟と化した古城ですが、レンガ色のその歴史ある佇まいは周りの森とよくマッチしていて、ハイデルベルグのシンボル的存在となっております。旧市街から見上げるハイデルベルク城も最高のフォトスポット。夜はライトアップされ、暗闇の中に映し出される古城は昼と違った美しさ。アルテブリュッケ(カール・テオドール橋)の真ん中くらいまで進み、振り返ると古城がよく見える絶景スポット!
橋のそばはタクシー乗り場になっているので、タクシーが必要な方はここが便利。
さすがドイツ!タクシーもベンツです。

ワインの大樽|Wine

中央の中庭の地下には、大樽が見学できる部屋があります。樽が大きいのでそれにみあった建物を設計して建てられました。
現在ある大樽は、それぞれの樽が造られた時の選帝侯の名前がつけられております。一番大きいカール・テオドール樽の容量は22万ℓと巨大で、城の中にある木製のワイン樽としては世界一です。この樽のワインは、直接宴会場へ運ばれるような設計になっており、樽を管理していたのが「ぺルケオ」と呼ばれる小人の道化師でした。樽の前には彼の木製の彫刻が飾られており、いたずら好きだったぺルケオの「時計のおもちゃ」も設置されています。壁かけの時計の紐を引っ張ると人形が飛び出す仕掛けになっていて、知らずに引っ張って驚く人々をみて喜んでいたそうです。なんとお茶目な小人でしょうか。

さて、この巨大なワイン樽から宴会場へはパイプを通して運ばれる仕組みになっており、日に2000ℓものワインがくみ上げられて、人々は楽しいひと時を過ごしていたようです。ぺルケオもここでワイン樽の管理をしながらワインを飲んでいたようで、はじめて飲んだ1杯の水でショック死したと言われています。
城内で造られたボトルワインを購入することも、有料で試飲することも出来ます。ドイツはやはりその気候にあったすっきりとした白ワインがお勧め。試飲の際の小さなワイングラスには、ハイデルベルク城の絵がペインティングされており持ち帰ることが出来ます。旅のいい記念になりますよ。

オットー・ハインリッヒ館

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・オットー・ハインリッヒ館
プファルツ選帝侯のオットー・ハインリッヒにちなんで名づけられた館。この館は、ドイツに初めて建設されたルネサンス建築で、「ファサード」と呼ばれる正面の装飾しか残されておりませんが、ここをバックに撮る写真もベストスポット。旧約聖書や神話の中の人物や神話像で飾られています。

イギリス館とエリザベートの門

フリードリッヒ5世の妃である美しいエリザベートにちなんで造られたイギリス館は、ハイデルベルグ城最後の大規模な建築物でしたが、現在は廃墟となっていて一部しか残されておりません。
城の入口近くにある「エリザベートの門」と呼ばれる装飾の美しい門は、フリードリッヒがお妃さまの誕生日にプレゼントする為に一晩で造らせたもの。たった一晩で造りあげたため、美しい装飾が施された正面とは違い、裏側は何も装飾のないただの門となっているのが面白いところです。しかし、愛する奥様への強い愛情が感じられ、とても幸せな気分になりますね。

お城までの行き方

バスや車の他、ケーブルカーでも登れます。徒歩だと登りで片道約20分。
お城のテラスから眺めるハイデルベルグの町並みもとても素晴らしいのでぜひいらしてみてください。

2.ハイデルベルク大学

ハイデルベルグ大学は、1386年に設立されたドイツで最古の大学で、ドイツ有数のトップ3に入っており、世界的な大学です。また、マイアー・フェルスターという作家の戯曲「アルト・ハイデルベルグ」の舞台となった大学としても有名。

アルト・ハイデルベルグ

ドイツのある地方の王子様が、ハイデルベルグ大学に入学し、楽しい学生生活を送っていました。王子さまは、学生酒場で働くケティという娘とお互いの身分を超えて恋に落ちてしまうのですが、政略結婚が決まって去っていった王子と、王子に想いを寄せながらも仕方なく数日後には結婚を控えているケティ。ふたりは美しい想い出を胸に泣く泣く別れた、という悲恋の物語。

3.カール・テオドール橋

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・カール・テオドール橋
正式名は「カール・テオドール橋」ですが、アルテ・ブリュッケ(古い橋)とも言われており、ハイデルベルグで最も古い橋です。旧市街側にある橋のたもとにある門はもともと中世時代の城壁の一部だったそうで、塔は牢屋としても使用されていたようです。

サルの銅像

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・サルの銅像
橋のたもとにサルの銅像が建っています、手に持った鏡を見る者の方へ向けています。触るとリッチになれるという伝説のため、人々に触られたサルの体の一部は金ぴかに光っています。もう一説によれば、サルからのメッセージで、「人間さん、あなたたちは僕の容姿をみて笑うけれど、じゃあ自分たちはどうなんだい?この鏡で自分を見てみなさい!」という、人間風刺の意味らしいのです。心は顔に映し出される。というような意味合いですね。皮肉を込めたエピソードのひとつ。サルの両手のところに頭を入れることができるようになっており、サルと同化した自分の写真を撮ることができますのでとても面白いです。

⇒ドイツのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.学生牢

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・学生牢
中世の時代は、「名誉」を重んじて学生たちはよく決闘をしていました。ハイデルベルグにも学生牢があり、大学で裁かれた学生は禁固刑となって投獄されました。しかし当時、学生達は投獄されることはひとつの勲章であると考えており、投獄生活を結構楽しんでいたようです。投獄された学生たちの罪は、殺人とかそういう重罪ではなく、喧嘩や泥棒などのちょっとした騒ぎを起こした事件。2日~4週間くらいまで監禁されていたそうです。外部からの差し入れや学生間の行き来も許されていたようで、各部屋にはロウソクの炭で書いた落書きがいっぱい。壁一面の黒い文字や絵などは、古き良き時代を偲ばせる学生たちの歴史。ぜひ見学したいところです。

5.哲学の道

カール・テオドール橋のたもとからネッカー川を挟んで旧市街と反対側に位置する市街のつづら折りの細い登り阪が有名な「哲学の道」。山の中腹に位置するこの道は、約1時間の散歩道。有名な詩人ゲーテも愛したという哲学の道は、まわりの自然を楽しみながら無理せず、のんびりとお散歩をしたいところです。

6.学生酒場

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・学生酒場
ハイデルベルグの旧市街には、有名な「赤い牛」を筆頭にたくさんの歴史ある古い学生酒場が密集しています。「アルト・ハイデルベルグ」の戯曲の中に登場する学生酒場。ワインやビールとともに地元のお料理で楽しい夜を気楽に過ごしてみたいところです。また、近くには、ハイデルベルグビールの専門店もあり、本場のビールを味わうこともできますよ。店内には大きなビールの樽があり、さすがドイツとビックリさせられます。

ソーセージ

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・ソーセージ
定番のドイツ料理と言えば、ソーセージとザワークラウト(キャベツの酢づけ)やポテトの盛り合わせですよね。ビールによくあう定番をまずお試しください。

アイスバイン

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・アイスバイン
「アイスバイン」は、豚肉を丸ごと煮込んだ有名なドイツ料理で、あっさりとしているので日本人の口によくあいます。

大型プレッツエル

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選・大型プレッツエル
おつまみに、プレッツエルのような塩味の固いパンもお勧め。岩塩がまぶしてあってビールによくあいます。

ハイデルベルグは、とても治安がよいので安心して楽しめますので、夜の学生酒場もぜひ探訪してみたいですね。ただし、どこでも貴重品は自己管理でお気をつけください。

古城とドイツ最古の大学の街!ハイデルベルグの魅力6選のまとめ

町全体が、大学都市といった雰囲気で旧市街は歩いてまわれる距離。古城ハイデルベルグ城を見学がてら、世界一の大樽で造られたワインを飲み、ゆっくり旧市街をお散歩。学生牢に入って青春時代を思い出し、哲学の道で自然を満喫。夜は、美しくライトアップされたハイデルベルク城を眺めて、地元の人達と一緒に学生酒場でワインやビールを楽しむ旅。小さい町だからこそ楽しめる要素がいっぱい。
ぜひドイツのハイデルベルグの旅も次のプランに加えてくださいね。
⇒品揃え多数!安心&実績の「JTB」でドイツ旅行の最新人気ツアーをチェック

【担当:コロンナ由美】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。