総再生回数

660,712,138

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選
インド洋に浮かぶ小さな島、スリランカ。みなさん聞いたことはあると思いますが、実際どこにあるの?とお思いの方も多いと思います。『インドの涙』とも言われており、インドの南西海岸沖にあります。またシンハラ語でスリランカは『光輝く島』という意味なんです。
かつては、ポルトガルそして、オランダがこの国を植民地化し、1815年にはスリランカ全島が英国の植民地化となりました。そして、1948年には『セイロン』として独立したのです。古代南アジアとヨーロッパの植民地文化が融合され、多様な文化をもつ魅力的な国です。このように幅広く影響を受けた国は数少ないそうです。

北海道をひとまわり小さくしたインド洋に浮かぶこの島はまさに光輝く沢山の魅力が詰まった国です。日本からですとバケーションでスリランカを訪れる方は少ないかと思いますが、実はヨーロッパ人のバケーション先として大変人気の国です。
スリランカ南西部には黄金海岸(ゴールデン海岸)という名の100km以上続く美しい海岸や、美味しいライス&カレーにセイロンティー、そしてアーユルヴェーダというマッサージ、そして何より物価が安く、人々は親日家で親切、治安もいい国なんです。今回はこの国の魅力を紹介したいと思います。

1.黄金海岸|ゴールデンビーチ

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選・黄金海岸|ゴールデンビーチ
四方、美しい海に囲まれたスリランカは大半のビーチリゾートは南西部に点在し発展しており、5つ星など高級ホテルも多く点在しております。この南西部100km以上に及ぶ真っ青な海に真っ白な砂浜、そしてヤシの木が緑取る海岸線がゴールデンビーチと呼ばれ人気のエリアなんです。
100km以上にも及ぶので、好みでお気に入りのビーチに滞在するのがおすすめです。賑やかなビーチから、静かにリラックスしたい小さな湾のビーチまでバケーションスタイルに合わせて滞在するのがよいでしょう。

なかでも、ヒッカデュワビーチは多くの観光客で賑わっており、ビーチパーティなどで週末は賑わっております。多くのビーチレストランや、バー、そして高級ホテルからリーズナブルなゲストハウスまであり、おすすめのエリアです。
ヒッカデュワはサーフィンスポットでも有名で、世界各国のサーファーがヒッカデュワやその周辺エリアに波を求めてやってくる人気のスポット。波は比較的高く、ボトムが岩と砂のミックスになっているポイントなので、初級者向きではありませんが、中級者以上からは楽しめる有名スポットです。また水温も1年中暖かい事からウエットスーツ無しでサーフィンが出来るのもサーフィンにとって大変魅力的ですね。

2.シーギリヤロック

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選・シーギリヤロック
まるで、ジブリ映画に出てきそうな舞台である、天空の宮殿シーギリヤロック。ここはスリランカでも一番の観光地でもあり、世界遺産に登録されている遺跡です。標高約370mでジャングルの中に建てられた王宮跡です。5世紀頃にカーシャパ王によって建てられたと言われています。父を殺し腹違いの弟の報復を恐れ自分の権威を守る為に宮殿を築いたそうですが、最終的には弟に王位を奪われ11年という短さで幕を閉じたそうです。
ところどころ急勾配の階段を登り頂上までは40分程度登ります。かなり気候が暑いので、飲料水やサングラス、帽子など持っていかれることをお勧め致します。
頂上はスリランカの大自然が一望に広がり、雄大な景色はまさに絶景スポットです。

⇒スリランカのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.ライス&カリー

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選・ライス&カリー
スリランカといえば有名な料理がライス&カリーです。スリランカは海に囲まれている事もあり、豊富な食材、新鮮な魚介類のカリーが多く、またココナッツミルクを多用したマイルドな味のカリーが多いです。しかしマイルドながら新鮮な香辛料をつかったスパイシーなカリーは一度食べたらやみつきになる辛さと美味しさなんです。南インドにも隣接しているおり、南インド料理との共通点も多いそうです。
まさにスリランカの国民的ソウルフードで、家庭料理からレストラン、大衆食堂と、いたるところで、スリランカの味を楽しむ事が出来ます。

レストランや食堂などでライス&カリーを注文すると、カリー1品だけが出てくるのではなく、ライスとダールカリーや、野菜のカリー、そしてメインのフィッシュやチキンカリーなど何種類かのカリーが出てきます。そして現地のマナーはライス&カリーは手で食べる事なんです。
観光客用のレストランではもちろんナイフやフォーク、スプーンも出てきます。しかし、筆者が思うには、このスリランカカリー、手と指で混ぜて食べるからこそ、絶妙なバランスが美味しいんです。
はじめは日本人にとってはマナーが悪い食べ方と、少し抵抗があるかもしれないですが、郷に入れば郷に従えですね。現地の人が優しく手での食べ方を教えてくれます。是非挑戦してみてください。

4.セイロンティー

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選・セイロンティー
『セイロンティー』を聞いたことがある方は多いと思いますが、スリランカは世界的にも有名な紅茶の産地です。
日本に輸入されている約60%がスリランカ産のセイロンティーなんだそうです。世界でも有数の紅茶の輸出国という事でセイロンティーは紅茶の銘柄、またブランドとして世界中で親しまれています。
イギリスの植民地時代の影響によって、130年以上前から紅茶の栽培がスタートしました。
標高1000m以上の高い場所は気候は冷涼であり、熱帯とも思えません。そして昼夜の温度の変化や、強い日差しなどがスリランカの高品質の茶葉を育てているそうです。

なかでも観光地として有名なのが、ヌワラエリヤ。スリランカの暑すぎる気候に疲れた時は紅茶工場を見学しながら、おいしいセイロンティーを飲み冷涼なヌワラエリヤを訪れるのもおすすめです。ここは標高1800m以上あり、スリランカでもっとも高い場所にある紅茶の産地です。クオリティーシーズンは1〜3月でその時期に収穫されたものが最も香りが良いものとされているそうです。この時期に是非ヌワラエリヤへの紅茶の旅はいかがですか?

インド洋に浮かぶ光り輝く島!スリランカの魅力4選のまとめ

いかがでしたか、小さな国に秘めたたくさんの魅力がつまった国スリランカ。高原からビーチリゾートまで、おいしいご飯を食べながら満喫出来るスリランカです。人々もとても親切で、キョロキョロしているだけで、どうしたの?どこに行きたいのとすぐ声をかけてくれる優しい国なんです。
是非少し違ったバケーション先として参考にしてみて下さい。
⇒スリランカのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:スキッピー】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。