総再生回数

660,712,138

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選
観光都市として有名なタイのバンコクでは、寺院観光にマッサージ、ウィークエンドマーケットにと、市内観光だけでも楽しめます。でも、ほんの少し郊外まで足を伸ばせば、バンコク市内とは一味違った魅力的な場所に出会えるんですよ。そこで今回は、リピーターや滞在日数に余裕のある方向けに、バンコク郊外のおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.日帰りでもキレイな海に出会える!パタヤのラン島

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選・日帰りでもキレイな海に出会える!パタヤのラン島
タイの中でもビーチリゾートとして有名なプーケットやクラビはタイ南部に位置し、バンコクからは飛行機で行くのが一般的。日程&予算的に余裕が無いと足を伸ばすのは難しいですよね。でも実はバンコクから日帰りでも美しい海を見ることが可能なんです。それがバンコクからバスで3時間程のパタヤ沖にあるラン島です。パタヤの海はイマイチなので、必ずラン島まで渡ってくださいね。
海の透明度は抜群ですし、サラサラの白い砂のビーチは散歩をするだけでも気持ちが良いもの。それに、島独特ののんびり感に癒やされるんですよね。ビーチチェアーに寝転がって、キレイな海を眺めながらフルーツスムージーを飲めば、最高の休日になります!!

2.タイと言えば水上市場、ダムヌンサドゥアック水上マーケット

タイと言われて誰もが思い浮かぶ光景と言えば、人々が小舟に乗りながら売り買いする水上マーケットではないでしょうか?そんな伝統的な光景を目にすることが出来るのが、バンコクから約80kmの位置にあるダムヌンサドゥアック水上マーケットです。水路の中を南国の果物や雑貨、ご飯類を積んだ船が行き交っていますので、気になる品物を値段交渉して買ってみましょう。水上マーケットが最も賑わうのは朝7時から9時の時間帯。ぜひ早起きして出かけてくださいね。

3.はるか昔に栄えた都市に思いを馳せる、郊外観光定番のアユタヤ遺跡

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選・はるか昔に栄えた都市に思いを馳せる、郊外観光定番のアユタヤ遺跡
14世紀に造られてからビルマ軍によって破壊されるまで、約400年にわたってタイの都として栄えた古都アユタヤ。数々の遺跡が立ち並び、歴史好きにとっては必見です。
よく見てみるとアユタヤには首から上が無い仏像がたくさんあります。これはビルマ軍によって破壊され、持ち去られたからなんだそうです。戦争の歴史を今に伝える遺跡でもあるんですね。
アユタヤでは象乗り体験もできますので、象に乗って遺跡を巡るのもまた一興です。バンコクからは車で約2時間弱で行くことができます。

⇒バンコクのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.タイ国内の遺跡を再現!ムアンボーラーン

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選・タイ国内の遺跡を再現!ムアンボーラーン
バンコク市内から車で約1時間の場所にある、タイ国内の遺跡を再現したテーマパークです。「なんだレプリカか。」と侮る事なかれ。タイの国土を模した広大な敷地内には、各遺跡が忠実に、そしてほぼ原寸大で再現してあるんです。中でもカンボジアとの国境紛争地帯に在るため、実際には行くことが難しいカオプラビハーンが一押しです。園内の水上マーケットでは食事もできるので一日中楽しむことができます。トイレがキレイに掃除されているのも観光客には嬉しいポイントです。

5.線路の上にある市場!?メークロン市場

こちらの市場では、線路の両側に商店があって線路にはみ出すようにして商いをしているのですが、一日に数本の電車がやってくると、素早く屋根をたたみ商品をどかして電車を通します。パタパタと屋根を閉じると同時に電車がギリギリをかすめ通っても、お店の人は慣れたもの。この驚きの光景を見るために世界中から観光客が集まってきます。
バンコク市内から車で1時間程度、電車の中から眺めるなら、乗り換えも含めて4時間程度です。なお、メークロン市場を通る電車は現在工事のため2015年11月上旬まで運休しています。屋根がパタパタと閉じる様子が見たい方は、鉄道復旧を確認してからお越しください。

6.願いを叶えてくれるピンクのガネーシャと百年市場

バンコク市内から車で約1時間半のところにあるのがワットサマーンラッタナーラームというお寺です。こちらには巨大なピンクの象の神様、ガネーシャがいらして、私たちの願いを叶えてくれます。ガネーシャのあまりの巨大さにびっくりしますよ。お願い事をするには、ガネーシャの足元にいるネズミ達の中から自分の生まれた曜日の色のネズミを選び、その耳元で願いを言います。この時にネズミの反対側の耳はふさいでおかないといけないんだそうです。
ピンクのガネーシャにお参りした後は、歴史あるクローンスアンの100年市場にも寄ってみましょう。レトロな雰囲気がたまりませんよ!

7.焼き物とお菓子の島、クレット島

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選・焼き物とお菓子の島、クレット島
バンコク市内から車で1時間弱。渡し舟で川を渡れば、そこは焼き物とお菓子の島、クレット島です。島は島でも海に浮かぶ島ではなくて川の中州になんです。小さな島なので、自転車を借りて島内をぐるっと一周してみましょう。島内には市場が広がり、クレット島名物のお菓子や素焼きの焼き物が販売されています。美味しいお菓子をつまみながら巡れば、楽しすぎて時間があっという間に過ぎていきますよ。素焼きの焼き物はクレット島の空気感と同じ素朴さが魅力です。お土産にお一ついかがでしょうか?平日は閉店している店もあるので、賑わっている土日に行くほうがおすすめです。

タイ・バンコクから日帰りで行ける!郊外のおすすめ観光スポット7選のまとめ

以上、バンコク市内から日帰りで遊びに行ける、おすすめの郊外観光スポットを紹介しました。どの場所も公共のバスやタクシーなどを使って行くことができますので、片言のタイ語で道を尋ねたりして、現地の人と交流しながらの旅も良いものです。一方、迷う心配をすることなく安心して旅を楽しみたい方はツアーを利用すると良いでしょう。バンコク市内発のツアーがパンダバスウェンディーツアーなどで企画されていますので、ぴったりのツアーを探してみてくださいね。
⇒バンコクのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:Saku】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。