総再生回数

660,172,970

動画登録数

621

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選
マレーシアのアイランドリゾート・ランカウイ島。自然が残るのどかで素朴な南の島ですが、思った以上にグルメ天国なのをご存じでしたか?その理由は“ヨット”にあり。どういう意味かって?それは後程・・。
まずはお勧めのレストランにご案内しましょう。

1.ロステリア|L’osteria

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・ロステリア|L’osteria
パンタイ・テンガーにあるお洒落なイタリアン。オーナーシェフがイタリア人で、イタリアから取り寄せたこだわりの窯で焼くピザがご自慢です。ランチ、ディナー、夜遅くなったらカウンターでお酒を楽しむ・・。いろんな場面が絵になる雰囲気で、カップルにもお勧めです。海の幸を使ったピザやパスタをご賞味ください。
所在地:Lot 2863 Padang Mek Siam, Jalan Pantai Tengah, 07000

2.Tジェイズ|T-Jays

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・Tジェイズ|T-Jays
続けて、またイタリアン?でも美味しいから紹介せずにはいられない。英国人オーナーのカジュアルなピザ屋さんです。地元の人に聞いても、ピザはランカウイ島ではここが一番美味しいと言う人が多いのです。パンタイチェナンの通りを南下し、ちょうど海側(右)の水族館を目印に内陸側(左)の細い路地を入ると、入口は狭くてちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、奥が広く開放的な造りの店です。地元の人はもちろん、島の居心地の良さについつい長居してしまい、なかなか次の国へ出発できないバックパッカー、噂を聞いてやってきた観光客と雑多な人が集まって来るのですが、とっても居心地がいいです。ピザ・クワトロフロマージ(4つのチーズのピザ)は絶品です。
所在地:Opposite Langkawi Underwater World Pantai Cenang

3.サンカフェ|Sun Café

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・サンカフェ|Sun Café
パンタイテンガーにあるお洒落なカフェ&カジュアルダイニング。マレー料理のサティもあればパスタも楽しめ、クリームブリュレやチョコレートブラウニーなどの甘いデザートも人気で、もちろんお酒も飲めます。昼から深夜まで若者たちで賑わっているお洒落なお店です。それもそのはず、ランカウイ島のアットホームでお洒落なホテル・サンセットビーチリゾートのオーナーが経営するSUNグループのお店なのです。インテリアの細部へのこだわりなど必見です。
公式Webサイト:http://www.sungroup-langkawi.com/suncafe/

4.ファット・マム・シーフード|Fat Mum Seafood

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・ファット・マム・シーフード|Fat Mum Seafood
パンタイテンガーのメインの通りを海と反対に入った所にある2階建ての中華海鮮レストラン。1階は調理場で、2階が客席になっています。建物といっても屋根と外柵があるだけで壁もなければ窓もない。海とは反対の内陸側で、大通りからかなり入って来るので、ビーチエリアからは離れたカンポン(村)の中。夕闇が迫る頃、田んぼを吹き渡る風が心地良いです。

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・ファット・マム・シーフード|Fat Mum Seafood料理
ファット・マムの名の通り、オーナーはふくよかなおかみさん。化学調味料を一切使わないおふくろの味はとても優しい味で、辛い料理をちょっと休憩したいお腹にはちょうどいいです。お豆腐料理があったり、ファイヤーヌードルという辛めの麺もありお勧めです。シーフードも充実しています。
所在地:734,Jalan Teluk Baru,Kg Tasik Anak

⇒ランカウイ島のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

5.プリヴィレッジ|Privilage Restaurant & Bar

パンタイコックのヨットハーバー・テラガハーバー内にあるマレー料理のモダンなレストラン。オープン当初から、マレー料理を現代風にスタイリッシュに盛り付けて魅せる、新しいマレー料理の店として注目を浴びています。近くにはラグジュアリーホテル、ザ・ダーナ・ランカウイ等もある今注目のエリア。お洒落して出かけてみてください。
公式Webサイト:http://www.privilegerestaurant.com/

6.オーキッドリア|Orkid Ria Seafood Restaurant

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・オーキッドリア|Orkid Ria Seafood Restaurant
どのガイドブックを見ても、おそらく海外のガイドブックでも、ランカウイで一番美味しい中華海鮮レストランと紹介されている、パンタイチェナンにある人気のレストランです。メニューを見て注文しますが(日本語メニューあり)、入口にある生け簀や氷の上に並べられた魚介類を選び、調理法を指定しても食べられます。
今から10年程前、落雷による火事でお店が焼けてしまい、再建の間はすぐ近く、ちょうどペランギビーチリゾートの前にあるお米博物館(Laman Padi)の中で「ラマンリア」として営業をしていました。その後、新しく店舗が出来て、オーキッドリアが再開しました。
オーキッドリアの人気は他の店の追随を許しません。(ラマンリアはその後もしばらくオーキッドリアのオーナーの兄弟が営業していましたが、今は日本人オーナーのレストランに経営が変わっています)
お勧めはバターブロウン。タイガーブロウンにバターソースを絡めた甘辛い味で、お子さんも喜んで食べるでしょう。ここはあまり辛い料理はないので、ファミリーで楽しめます。値段も安いので、観光客はもちろんですが、地元の人たちもやってきます。ちょっと意外なお勧めは、蝦蛄(シャコ)料理。大きさが半端なく、日本の蝦蛄をイメージしているとびっくりします。フライにして甘辛いたれを絡めたり、調理法はお店のお任せにしてもいいかもしれません。
お子さんやお酒の飲めない方にお勧めなのが、スイカジュース。ひたすらスイカを絞っただけのスイカ100%のジュースの贅沢さ。どれだけ美味しいかお試しあれ。
最後にスイカやパイナップルが山盛りでサービスされるのも嬉しいです。
所在地:Lot 1225, Pantai Cenang, Mukim Kedawang

7.クアタウンの美味しい店

ランカウイ島一番の繁華街、クアタウンへ観光や買い物で行ったら、ぜひ寄って欲しいお勧めのお店を紹介します。

ウォーターガーデンホーカーセンター|Water Garden Hawker Center

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・ウォーターガーデンホーカーセンター|Water Garden Hawker Center
クアタウンのナイトマーケット会場の北側の橋を渡ったところ、商店街の一角にあるシーフードレストラン。夜は新鮮なシーフードや豚肉料理も出る中華レストランですが、昼は屋台村で中華、マレー、タイ、インドの各国料理が安く食べられ、近くの銀行などで働く人で賑わっています。ナイトマーケットを訪れるならぜひ寄って欲しいお店です。
所在地:89/ 90 Jalan Pandak Mayah 5, Kuah

新上海茶餐室

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・新上海茶餐室
カレーヌードルや、チキンスープの優しい味のヌードルが1杯200円しません。麺は米麺や卵麺から選べます。中国漢方なのかちょっと癖のあるハーブティーもあります。観光客がよく行くクアの繁華街からは少し離れていますが、もしクアでロングステイするのならランチに利用するのにぴったりなお店です。
所在地:76, Persiaran Mutiara 2 Pusat Perdagangan Kelana Mas 07000

8.二人だけのロマンティックディナー

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・二人だけのロマンティックディナー
ビーチ沿いの大型リゾートホテルなら叶えてくれるのが、オンザビーチでの二人だけのロマンティックディナー。カップルやハネムーナーにお勧めです。
ホテルのレストランのシェフが二人のための素敵なディナーをアレンジしてくれます。
ランカウイ島の日没は遅く19:30頃。19:00過ぎからスタートして、変わりゆく夕暮れの海と空を楽しみながら二人だけの素敵なディナータイムを過ごしましょう。生涯忘れられない想い出になることでしょう。
スタッフは少し離れたサーブ用のテーブルに待機していて、至れり尽くせり。日没後はキャンドルに火を灯してくれて、それもまたロマンティックです。

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選のまとめ

いかがでしたか?思っていた以上にお洒落なお店や食通をうならせるお店があるランカウイ島なのですが、その理由は・・。
ランカウイ島は1978年自由貿易地帯に指定されて、免税の島となり、タイのプーケットなどを訪れていた欧米のバックパッカーがやってくるようになりました。その後、長期休暇を過ごすビジネスマンや、仕事をリタイアして老後を東南アジアなどのリゾートを旅して過ごしたいと考えるシニア達も訪れるようになり、実は日本でマレーシアが人気になるずっと昔から、欧米の人たちの間では人気のリゾートアイランドだったのです。彼らの舌を満足させるため、マレー料理だけではない様々なレストランが育っていったのですね。

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・まとめ
今、ランカウイ島では新しいヨットハーバーを増やしていますが、北部のタンジュンルーからマングローブの川を溯ると沢山のヨットが停泊しています。これらは、アジア各地からはもちろん、ヨーロッパやアメリカからやって来たシニアを中心としたヨット愛好者達のヨットです。美味しい料理が安く食べられ、また免税で美味しいお酒が安く飲めるというのですから、ゆっくりロングステイをしたくなりますよね。

いざマレーシア・ランカウイ島へ!アイランドリゾートで楽しむグルメ8選・まとめ2
島の免税店のワインセラーは、ワイン通が喜ぶ品揃えですし、ホテルのレストランのワインリストも島の値段としては高いのですが、日本で飲むことを考えたらお安いものです。
ランカウイ島を旅行する際は、グルメも楽しんで素敵な旅行にしてください。
⇒ランカウイ島のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:sari】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。