総再生回数

660,213,908

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選
アンコールワットは知っていても、カンボジアの特産品って何があるんだっけ?お土産何にすればいい?きっと多くの人の悩みの種かもしれませんね。ここで、シェムリアップに行ったら買って欲しい(きっと、買いたくなるでしょう!)おすすめのお土産アイテムをご紹介します。実際に現地で手に取ってみると、お土産としてだけでなく、自分用にもダブルで、トリプルで、いえ買い溜めしたくなるかもしれません。

1.伝統のノムトム

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・伝統のノムトム
とーっても素朴な味のカンボジアの伝統のお菓子です。専用の丸い鉄板の上でくるりとクレープのように薄い生地を焼いて、手早く器用にクルリと巻かれたシンプルな作り方です。ほんとにそれだけのものですが、カンボジアの歴史と何とも素朴な温かさが感じられます。最近では素敵なラッピングや個別包装のものも数多く目にするようになったので、お土産としても適用感が増しています!日本では、見かけることはほとんどないと思うこのお菓子。帰国してから自分で旅の行程を思い返しながら味わうも良し、お土産として配ってカンボジアのお土産話に花を咲かせるも良し。カンボジアの人はみんな知ってる歴史と伝統感溢れるアイテムです。

2.カンボジア マカロン

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・カンボジア マカロン
世界中に色々な味のマカロンが出回っていますが、なんとカンボジアにもありました!マカロン好きならきっと試してみたくなりますよね。カンボジア国産のカシューナッツや、トロピカルフルーツが豊富なこの国ならではのマンゴ―やパッションフルーツ、ジャックフルーツ、パイナップル、ドラゴンフルーツ、ココナッツ、スイカなど豊富なフレーバーがカンボジアの独特感を出しています。色味もカラフルで可愛いマカロンが揃っています。パッケージも、3、5、7、9,12個と自在に選べて、かわいいBOXで購入できるのでお土産には最適ですね。カンボジア土産としては意外なマカロンというアイテムの中にカンボジアの味がちゃんと入っていて喜ばれると思います。

3.カンボジア産ペッパー

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・カンボジア産ペッパー
カンボジアはペッパーの産地としても有名です。商品として良く見かけるのはアンコールペッパー。カンボジアの肥えた良質の土壌で無農薬で栽培されている安心の品質。風味が高くて、香りがとってもいいのです。日本のスーパーに並んでいるペッパーとは、ひと味もふた味も違います。粗びきのコショウのピリリとした存在が欠かせないカルボナーラやポトフ、ステーキ料理や、BBQの素材にパパッと振りかけるのもおすすめです。挽きたての香りが最高なので、できれば直前に挽けるようにお土産としても大粒の購入がおすすめです。スパイス感(辛味)はあるので大人の味を引き立たせてくれます。独特の風味と後味、好みで合うお料理を探す楽しみもありますね。和食、イタリアンだけでなく、意外に何にでも合わせやすいです。おつまみ料理にも重宝しますよ。調味料やスパイスにこだわっているお料理好きなあなたとご友人に是非!

⇒シェムリアップのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.カンボジア キャンディー(日本名:金太郎飴)

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・カンボジア キャンディー(日本名:金太郎飴)
日本の技がカンボジアに伝わりました。いわゆる金太郎飴です。食べるのがもったいないほどの可愛さです。注目は何といってもその絵柄。飴というコロンと丸い小さな世界の中に、アンコールワット、カンボジアで良く見かけるトロピカルフルーツの数々、動物たち、そしてカンボジアのクメール語。英語もあります。日本の技術とカンボジアのコラボに感動します。こういうのは嬉しくなっちゃうんですよね。製造しているお店では日々実直に修練を重ねているカンボジア職人さんたちの姿も見ることができて心打たれます。フレーバーの種類も豊富でフルーティな味が10種類。お値段もお手頃で良心的。その可愛さに思わず大量買いしてしまいます。お土産としてだけでなく、カンボジアのお土産話としてきっと盛り上がることでしょう。技術のいる商品だからこそ目を惹く店頭での実演も見ることができます。シャムリアップのおすすめのショップ&商品です。

5.手作り石鹸

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・手作り石鹸
カンボジア産のハーブ、サトウキビ、ココナッツ、はちみつなどカンボジアテイスト満載の手作り石鹸。見た目はスタイリッシュなパッケージのものから、固めたままの素朴なものまで様々です。香りも豊富で、レモングラス、シナモン、グリーンティー、バナナ、オーキッド、ユーカリ、ジャスミン色々見つけることができるでしょう。楽しみながら見つけることができます。安いので、小さなものなら大量買いして配るのにも重宝しますね。自然素材のナチュラルなスキンケア/ボディ商品は日本でもブームになっているので、その使い心地や肌への安心感はご存知の女子も(男子も?)多いと思います。お土産として贈れば大変喜ばれます。また日本人が手掛けるショップもあってかなり天然素材にこだわった石鹸が販売されています。日本から通販などで購入すると桁違いの価格になるので、カンボジア内で手に入れるのが得策です。肌への負担になるものがほとんど原料として使われていないのが魅力です。

6.スカーフ

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選・スカーフ
カンボジアでは万能の「布」です。クロマーと呼ばれます。その用途は計り知れず日本でいう風呂敷のような役割をしています。タオル、風呂敷、スカーフ、手提げ、スリング、日よけ、腰巻きなどなど。お店にはカラフルな色のものがお値段ピンキリで売られています。綿素材なら1US$でも見つかるでしょう。シルクだと8US$前後でしょうか。手織りのものも多いので、5US$を出したとしてもコスパ十分。マーケットでは値切りの交渉も可能かと思います。ギンガムチェックやストライプなど、ナチュラルなファッションをする人にはとっても喜ばれるお土産になると思います。実は日差しが気になる、多くのファッションアイテムを持ち合わせない旅先ではとても重宝するアイテムなのです。すぐに乾くこともアドバンテージ。色の豊富さや使い勝手の幅広さが毎日を彩ってくれるのです。やっぱり自分にも買いたくなる1品ですね。

自分用も欲しい!カンボジア・シェムリアップで絶対買いたくなるお土産6選のまとめ

いかがでしたか?とっても失礼な話ですがカンボジアのアイテムって、クオリティーや見た目がイマイチというイメージをずっと持っていました。「これをお土産にしてもなー」という感じでお土産や贈り物選びが悩みの種になることもしばしば。でもここ数年は、他の国にはない「どうしても欲しくなる」カンボジアらしい商品が続々と出回り始めています。というか、実はあったのだけれど、見つけられてなかっただけかもしれません。
カンボジアビギナーの方々に、是非参考にしていただけると嬉しいです。
⇒シェムリアップのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:roof】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。