総再生回数

660,213,908

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選
南アフリカの大都市、ケープタウン。そこは、人口370 万人と南アフリカでもヨハネスブルグに次ぐ大都市です。そして人口は増え続けています。それもそのはずこの都市には、たくさんの魅力に囲まれ、世界でも人気の都市で最も住みたい都市にランクインされるところなんです。
日本から遥か離れた南アフリカ。アフリカと言うとどうしてもサバンナ、ライオン、象? などと想像してしまいがちですが、ケープタウンはその想像を絶する都市。アフリカというより、コロニアル風の建物が並びヨーロッパのような街。そして海沿いの街に行くとそこはアメリカ西海岸のような雰囲気。そして山があり、海があり、大自然豊かなケープタウン。
今回はその魅力たっぷりのケープタウンから日帰りで行けるおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。

1.テーブル・マウンテン

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選・テーブル・マウンテン
ケープタウンのシンボル「テーブル・マウンテン」。ケープタウンの都市の多くの場所からこのテーブル・マウンテンを眺めることが出来ます。
山頂がほぼ平らになっており、それはまるでナイフで切り落としたような平坦な事からまるでテーブルのような山。それで、『テーブル・マウンテン』と呼ばれるようになったそうです。
頂上が3キロに渡って平坦な為頂上をハイキングしたりする事も出来ます。標高1067mのテーブル・マウンテンへの頂上へはケーブルカーで一気に行くことが出来、このケーブルカーは360度回転するので、パノラマビューを楽しむ事も出来るんです。

また、体力に自信のある方や、もっと大自然の空気と景色をゆっくり満喫したいという方には、ハイキングコースもあります。約3時間の急な登り坂のきついコースの他にもキャンプスベイ側、カーステンボッシュ国立植物園側、といった各方面からも多くのハイキングコースが伸びております。
往復のハイキングというとかなり体力も使い、足や膝がカクカクになってきますので、片道のみケーブルカーを使うという手段もおすすめですね。

また、テーブル・マウンテンにはおよそ1470種類以上の植物が存在していると推測されており、「ケープ植物区保護地域群」でもあるんです。世界的にも珍しい、また日本では見ることが出来ない、固有種を楽しみながらのハイキングもおすすめです。
山頂はケープタウンを一望出来る絶景が広がっており、大西洋からインド洋まで、真っ青な海を見渡すことが出来ます。そこは一生に一度訪れたい、世界の絶景スポットと言っても過言ではありません。
ケープタウンを訪れて、天気が良い日は何を置いてもテーブル・マウンテンへの観光をオススメします。というのも、ケープタウンは天候が変わりやすいからです。

2.チャップマンズピークドライブ

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選・チャップマンズピークドライブ
ケープタウン郊外にあるチャップマンズピークドライブは、ホウトベイからノルドフックまでの9kmにわたる、曲がりくねった、カーブの多い道路です。断崖絶壁、そして真っ青な壮大な大西洋を眺めながらのドライブは世界でも絶景が楽しめる、ドライビングコースで知られており、大変人気のあるスポットなんです。是非、レンタカーを借り絶景のドライブをおすすめします。
自動車だけでなく、自転車レースやマラソン大会のルートにもなっていて、ドライブコースには数多くのビューポイントが設置されており、車を止めて安全に写真を撮ることも出来ます。593mの頂上地点には展望台もあるので、まさに世界の絶景、ドライビングコースを写真に収めてみてはいかがでしょうか。

このドライビングコースはケープタウンから片道30Km程です。自転車やバイクのツーリングまたジョギングを楽しむ人の姿も沢山みられます。景色をゆっくり楽しみたいという方には、天気の良い日にピクニックがてら、レンタルサイクルでツーリングされるのもおすすめです。

⇒ケープタウンのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.喜望峰

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選・喜望峰
チャップマンズピークをそのままドライブし続けると、ケープ半島の突端にある喜望峰自然保護区。英語ではCape of Good Hopeと呼ばれています。アフリカ大陸の最南端といわれることが多いのですが、実際には東南東へ約150km離れているアガラス岬がアフリカの最南端なんです。
美しい水平線に、迫力のある断崖の大パノラマ、ルックアウトポイントからは大西洋とインド洋が交わるところを眺めることが出来ます。

また、保護区内には100種を越える野生植物が生い茂り、ヒヒ(バブーン)やエランド、シマウマ、ダチョウなどを見ることも出来ます。半島周辺の海にはイルカやオットセイが生息し、8~11月にはクジラが現れることもあります。
またこの保護区内にあるレストランもおすすめです。絶景に、シーフードを堪能されてはいかがでしょうか?

4.ボルダーズビーチ(Boulders Beach)

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選・ボルダーズビーチ
ボルダーズビーチはアフリカンペンギンが多数生息するエリアになっており、約2000羽が生息するコロニーです。南アフリカが夏の12~2月には、ペンギンと一緒に泳げるなどでとても人気があるんです。
ペンギンが生息する木々の間に、ビーチまで続く遊歩道になっており、至近距離で見ることができます。ヨチヨチ歩きのペンギンや、仲良く寄り添って巣穴にいたり、かわいいペンギンにとても癒やされますね。また2~8月には子育てや卵を温めている様子を観察することができます。

しかし、残念な事に餌不足などの原因により、1930年代には200万羽が生息していたアフリカペンギンは、50年代には35万羽にまで激減してしまい、そして現在では5万羽以下と、かつての40分の1にまで減ってしまったんです。2010年には国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定されました。

5.ロベン島

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選・ロベン島
ケープタウンの沖約12kmにある小さな島で、ビクトリア&アルフレッド ウォーターフロントから定期路が運航されており、高速船で30分程でいけます。
周りはとても海流が強く脱出が困難な事から、島の大部分は17世紀の終わりから刑務所として使われていました。1959年以降、島は政治犯の強制収容所として使われ、黒人専用の刑務所が存在していたといいます。
若くして反アパルトヘイト運動の指導者として活動してきたあのマンデラ氏が、27年間にも及ぶ獄中生活の大半を過ごしたところです。
刑務所は1996年に閉鎖され、現在は島全体が博物館としてケープタウンの観光名所となっており、1999年には、世界文化遺産にも登録されました。南アフリカの歴史やアパルトヘイト時代、その悲劇や歓喜を知るためにも歴史的遺産のおすすめのスポットです。

大自然を満喫!ケープタウンおすすめ日帰り観光スポット5選のまとめ

大自然から、南アフリカの歴史まで満喫出来る、おすすめ日帰り観光スポット、いかがでしたか?
まだまだここには書ききれない、スポットや魅力たっぷりのケープタウン。
一度訪れると誰もがこの街に魅了される素晴らしい都市です。
⇒品揃え多数!安心&実績の「JTB」で南アフリカ旅行の最新人気ツアーをチェック

【担当:スキッピー】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。