総再生回数

659,549,698

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選
南北に1200キロと縦に細長い長靴型のイタリアの中部トスカーナ州は、緑豊かな自然景観や文化遺産に恵まれ、多くの観光客が訪れるところです。州都は、ルネサンスの中心フィレンツェ。高級赤ワインのワイナリーも多くあり、糸杉やオリーブの木々に囲まれた田園風景は、とてものどかでのんびりと長期滞在したくなります。
それでは、そんなトスカーナ州の魅力をご案内してまいりたいと思います。

1.花の都フィレンツェ|Firenze

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選・花の都フィレンツェ
フィレンツェが「花の都」と言われるのは、花がたくさん咲いているからではなく、ルネサンスが花開いた町だからです。ルネサンスとは「文芸復興」と訳されますが、ギリシャやローマの文化を復興しようという運動で14世紀イタリアで花開きました。
その中心がフィレンツェで、当時活躍した人物にレオナルド・ダ・ヴィンチがいます。万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、斜塔で有名なピサの近くのヴィンチ村の出身で、この村にはレオナルド・ダ・ヴィンチ博物館があります。「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は、「ヴィンチ村出身のレオナルドさん」の意味。当時は、このような呼び方が流行していたようです。
フィレンツェ市内は、町全体が美術館であると言われているように、荘厳で華麗な宮殿や美術館などが多くあり、とても1日では回り切れないので出来れば数日滞在したいところ。

ウフィッツィ美術館|Galleria degli Uffizi

イタリアルネサンス絵画で有名な美術館。近代式の美術館としては最古のものです。ウフィッツィというのは「オフィス」という意味で、メディチ家がオフィスとして使用していた建物。トスカーナ方言Uffiziは、英語Officeの語源になったのです。
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵しており、展示物は2500点にものぼります。内部のカフェのテラスからの眺望は、大変素晴らしいのでお勧め。目の前にドウーモ(大聖堂)の丸屋根が広がり、晴れた日には青い空とレンガ色の丸屋根のコントラストが素敵ですよ。見学に疲れたらここで一休み!

ピッティ宮殿|Palazzo Pitti

ルネサンス様式の広大な宮殿で、トスカーナ大公の宮殿として建てられたもの。約400年に渡り、収集された絵画や宝飾品のコレクションは膨大な数にのぼります。この宮殿は現在一般公開されており、陶磁器や馬車、衣装や銀器の博物館や近代美術館など見ごたえがあります。また総面積4万5000平方メートルという大庭園も見事。

メディチ家とは

多くの芸術家のパトロンとして貢献したメディチ家として知られておりますが、メディチというのは「薬」という意味で、もともと薬屋さんでしたので、メディチ家の紋章には「薬の玉のマーク」があしらわれています。そして金融業でも財をなした家族で、「カタリ―ナ・ディ・メディチ」という人はフランスのアンリ4世へ嫁いでいます。「カタリ―ナ・ディ・メディチ」は、「メディチ家出身のカタリ―ナさん」という意味。彼女がフランスへ嫁入りする際にたくさんの料理人を連れていったので、美味しいイタリア料理がフランスへ伝わり、そこから優れた味覚のフランス人によって洗練され、現在のような芸術的なフランス料理に発展したのだそうです。
シャーベットも彼女がフランスへ持ち込んだものと言われています。

ベッキオ橋|Ponte Vecchio

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選・ベッキオ橋
メディチ家の住居であるピッティ宮殿とオフィス(ウフィッツィ美術館)を結ぶヴァザーリの回廊と呼ばれる屋根付きの渡り廊下がかけてある橋。フィレンツェの町を蛇行して流れるアルノ川にかけられています。イタリア語で「古い橋」の意味でフィレンツェ最古の橋ですが現在みられる橋は、1345年に再建されたもの。昔は、この橋にはたくさんのお肉屋さんが建ち並んでいたのですが、悪臭がひどいという理由からメディチ家が貴金属店に変えました。それで、現在でもベッキオ橋にはたくさんの貴金属店が並んでいるのです。ウインドーショッピングもとても楽しいところなのでぜひ見に行ってみてくださいね。また休日には、アルノ川でよくカヌーのレースが行われています。

2.ピサの斜塔|Pisa

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選・ピサの斜塔
フィレンツェ市内から車で約1時間のところにピサの町があります。そこにあるのがピサの斜塔、洗礼堂、ドゥーモ(大聖堂)。3つの建物がひとつの広場にあり、内部見学可能で斜塔に登ることもできます。有料ですのでそれぞれチケットが必要。斜塔は螺旋階段ですが、晴天の日には美しいトスカーナの田園風景が広がります。大きな荷物を持っては登れませんのでご注意ください。
斜塔はもともと大聖堂の鐘楼としてつくられたものですが、地盤がゆるくて傾いてしまい、それが今では多くの観光客をひきつける観光名所となっています。
大聖堂の中には、ガリレオ・ガリレイが振り子の原理を発見したというランプがあります。

そして洗礼堂内部は非常に音響効果がよいと有名で、時間になると定期的に係員が声を出してエコーを聞かせてくれるので、よく時間を確認してぜひ入場してみてください。こちらも有料になります。
この広場にあるトイレは有料で50セントかかりますが、BAR「Duomo」でトイレを借りてイタリアンジェラートを食べるのもいいかもしれません。
周りにはたくさんのお土産屋さんの屋台が建ち並んでいてとても楽しいですが、泥棒にはくれぐれもお気をつけくださいね。

⇒品揃え多数!安心&実績の「JTB」でイタリア旅行の最新人気ツアーをチェック

3.トスカーナ料理|Toscana

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選・トスカーナ料理
イタリア料理は地方料理と言われており、それぞれが特色を持っています。フィレンツェを中心とするトスカーナ地方は豆喰いと呼ばれるほどよく豆類を食べます。インゲン豆のスープやサラダなどによく使います。

ビフテッカ・フィオレンティーナ

フィレンツェの代表的な肉料理。骨付きの大きなTボーンステーキで、オリーブオイルで炭焼きにしたステーキを塩とレモンで食べる料理。芳醇なトスカーナの赤ワインによくあいます。大きいので、何人かでシェアして食べたらよいと思いますよ。

トリッパ

一部の貴族は贅の限りを尽くした食事をしていた一方で、庶民は貧しい生活の中で安くて美味しい料理に工夫を凝らしていました。トリッパという料理はまさにその極みで、安い臓物を使って美味しい料理に仕上げたフィレンツェの名物料理。臓物を赤ワインで煮込んだものですが、冬にはフィレンツェ市内にはたくさんの屋台が並び、美味しいトリッパを食べさせてくれます。やはりこちらも赤ワインによくあいます。普通のレストランでも提供しているので、ぜひお試しください。日本人の口によくあいます。

4.ワイナリー|Vino

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選・ワイナリー
トスカーナ州にはたくさんのワイナリーがあり見学もできますが事前予約が必要。イタリアのワイナリーは、予約をすれば食事も出来るようになっていて美味しいトスカーナ料理とともに数種類のワインが楽しめるのでお勧めですよ。その場で購入することも出来ますし、ワイナリーによっては日本まで発送も可能。トスカーナはやはり赤ワインが美味しいですよ。

キャンティ|Chanti

トスカーナ州のキャンティ地方で生産されるワイン。日本でも戦後はじめて輸入されたワインとして知られています。普通のキャンティの他に、キャンティクラシコという上のクラスがあり、こちらはボトルの首のところの「黒い雄鶏マーク」が目印。芳醇で深みのある味わいはさすがクラシコです。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ|Brunello di Montalcino

ブルネッロとは葡萄の品種、モンタルチーノは町の名前。イタリアワインの格付けでも最も厳しいD.O.C.Gに認定されているワインで偉大なワインとして知られています。サッカーの中田英寿さんがイタリアにいた頃のお気に入りのワインで、一時日本でも話題になりました。このワインは、海外へ輸出する量が非常にすくないのでとても貴重なワイン。ぜひとも訪れてみたいワイナリーです。

5.アグリツーリズモ|Aguritulizmo

アグリツーリズモとは、アグリカルチャー(農業)とツーリズモ(旅行)を組み合わせた造語で、農業を手伝いながら宿泊する、という意味があります。現在は、その土地で収穫した新鮮な食材を使った料理をふるまってくれるペンションのような施設。トスカーナ州にもたくさんこのアグリツーリズモがあり、バカンス客の長期滞在や結婚式の披露パーティーなどにも使用され人気を博しています。
気軽に健康的な田舎の暮らしが体験できる旅行スタイルですね。
ワイナリーやオリーブの生産を行っているところも多く、隣接するレストランの美味しい郷土料理とローカルワインは最高の組み合わせ。ぜひ一度はアグリツーリズモ体験してみてはいかがですか。

「フィレンツェ」「ピサの斜塔」中部イタリア・トスカーナ州の魅力5選のまとめ

トスカーナ州は、観光以外にも楽しみ方がいっぱい!アグリツーリズモに宿泊してワインや郷土料理を楽しみながら地元の人々と触れ合うのも素晴らしい思い出になるのではないでしょうか。
⇒イタリアのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:nekotabiko】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。