総再生回数

659,549,698

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

知って得する!カナダのアパート情報&探し方ベスト5

カナダのアパート情報&探し方ベスト5
10年前にカナダに移民したmerci13です。広々とする広大な土地、カナダ。その中にたくさんあるアパート探しも容易ではありません。特に海外に住んだ事のない方は、知らない土地で住む場所を探すのは大変困難です。そんなあなたに役立つ情報をご紹介します。

第5位:立地条件の下調べ

カナダのアパート情報&探し方ベスト5・第5位
特にケベック州や冬の長い地域は、冬が6ヶ月以上も続くため、交通機関が便利で、スーパーやお店が近いという条件が寒い冬を越えるためにかかせません。駅から徒歩10分以内ならば、寒い中バスを待つ事も回避できます。
カナダの交通機関は日本のように正確ではなく、雪が多い日は5分、10分平気で遅れます。しまいには遅れるどころかバスは来ずキャンセルされ、次の予定時間まで待つ、なんて事は多々あります。寒い日で気温なんとマイナス40度になることも。そんな日はお買い物がおっくうになってしまいがちですが、スーパーやコンビニが近ければ、仕事帰りに夜ご飯の材料を買いに行ったり、小腹が減った時のスナックも気軽に楽しめます。
気になるお部屋があれば、まず管理人と話す前に少しその周りを散歩してスーパーや駅までどのくらいか調べるのもいいです。その時に治安もわかります。駅で若い人がたむろしてたばこを吸っていたり、壁に落書きが多い所は少し注意したほうが良いでしょう。

第4位:ベッドバグへの注意

カナダはとても自然が多く、空気もキレイで住みやすいのですが、ここ5年程未だに問題になっている小さな吸血鬼は多くのカナダ人を震えあがらせています。しいて言えば、ダニのようなもの。ですがそれよりも大きく、ちょうどりんごの種のような大きさです。その生命力はとても強く、日に日に進化していると言われています。一匹でも部屋に迷い込んでしまえば、ベッドのマットレスや布団、様々な所に巣を作り、大繁殖します。かまれた跡はまるで蚊にやられたようで、みつけたらすぐに対処しないと毎晩かゆみにうなされる事に。一番最悪なケースでは、マットレスを捨てるはめに。高いお金をだして買った自分のマットレスを捨てる事は非常に悲しいですよね。
これを防ぐためにはまずネットで自分の興味のあるアパートの住所を検索し、“bed bug report”と足すだけ。それでヒットすれば、そこにはベッドバグがいたか、何らかの関係があるので、すぐに大家に問うか他を探すのが無難です。そして、もう一つは他の住人にも聞いてみることです。勇気をもって声をかけてみましょう。大抵のカナダ人は親切に答えてくれます。特に男性は大抵の女性には非常に優しいです。ただ、いかにも急いでいそうな人には迷惑なのでご注意を。

⇒カナダのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

第3位:部屋の数え方と家賃

カナダのアパート情報&探し方ベスト5・第3位
北米では、部屋の数(ベッドルーム、リビング、キッチン)+バスルームと計算されます。例えば、2つの部屋(2ベッドルームでバスルーム付きなら 2&1/2(2エンドハーフ)。2ベッドルーム、リビングルーム、キッチンなら、4&1/2(4エンドハーフ)となります。
そして、こちらのアパートは敷金、礼金(down payment)を払う必要がなく、毎月家賃を管理人さんに払うだけ。家賃の相場は州によって異なりますが、ここケベック州モントリオールは、日本のだいたい1LDKが、市内だと$600(だいたい6~7万円)。郊外へ行けば、同じ値段で 2ベッドルーム、リビング、キッチン、バスルームつきの部屋に住めます。アパートの部屋の大きさは以外にも日本とさほど変わりはなく、市内か、郊外で差がでます。5年以上も前の事ですが、筆者がアパートを探していた時、市内で$400 (4~5万円程)と、低い家賃だったのですが、行ってみると非常に残念な結果でした。部屋には何もなく、ベッドしか置けない状態。キッチンとベッドの隙間はほぼ無く、住居者はベッドの上で料理をして、食事をせざるをえません。いつもベッドの上で病人のように生活したい!という方にはもってこいでしょうけど。

第2位:役に立つキーワード

カナダのアパート情報&探し方ベスト5・第2位
インターネットでアパートを探す方法もありますが、大学のキャンパスに張られている時もあります。色々なタイトルを目にするので自分にあった物件を選びましょう。いくつかの例をご覧ください。

furnished (家具つき)

短期在住者は家具を用意しなくていいのでお得です。たまにソファーとベッドだけ、ということもあるのでどの家具なのか聞いておく必要があります。

Heating &electricity included(光熱費込み)

Heating &electricity includedと書いてあれば、光熱費がすべて込みの家賃、ということです。冬の寒い地域では暖房代もばかにならないので特にありがたいですね。

roommate wanted (ルームメイト募集)

日本でも最近よく耳にする、ルームメイト。こちらでルームメイトというのは当たり前と言ってもいいぐらい、学生のルームシェア率、募集率は高いです。カナダに来てまもない時で語学がまだ不安な時は、学校のお友達やその紹介がお勧め。やはり信用できますし、一緒に住むと学校の勉強ができたり、共通の友達を呼んでホームパーティ、なんてのもいいですよね。

第1位:lease(リース、契約書)

契約の際に、敷金礼金を払うかわりに、管理人がcredit check(※)をし、テナントの返済状況を調べます。その審査に通れば、リースという契約書にサインします。大体1年契約です。それを過ぎてまだそこに住みたい場合は更新します。その時に家賃の値段をあげられるので、まだ直っていない箇所や不満があれば、それを拒否する事ができます。裁判所で行なうのがこちらの主流でしょう。
もし、期限が過ぎる前に理由があって家を出たい場合、lease transferといって他に住む人をみつけ、その人が引き続き契約更新、ということになります。
lease transferをしたい、というテナントの家を見に行き、お互い同意すれば、元のテナントと一緒にアパートの大家と会い、リースをサインします。この方法のほうが直接大家と交渉するよりも安いアパートに住めます。
※いわばその人の借金のステータス。北米ではcreditが重要で、返済が遅いと数字(credit) が少ない。ローン等を組む際に絶対必要な情報。

カナダのアパート情報&探し方ベスト5のまとめ

以上、知って得する!カナダのアパートの情報&探し方ベスト5でした。何処の国でもやはり下調べが大事です。相場やその部屋の評価など、あらかじめ知っておくと交渉しやすいです。国籍の違う気の合う同居人を探して、あなたも今すぐ楽しいカナダライフを過ごしてみませんか。
⇒カナダのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:merci13】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。