総再生回数

659,825,146

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

ヨーロッパ在住20年の日本人オススメ!パリで楽しくお得に生活する方法5選

ヨーロッパ在住20年の日本人オススメ!パリで楽しくお得に生活する方法5選

1.可能な限り不動産を購入する

パリのアパルトマンは狭い上、東京と比較しても、家賃がかなり高額です。バスタブはなくシャワーのみでトイレは廊下にあり共同という狭いスタジオ物件でさえ、800ユーロ位するところも多々あります。そして家賃は年々上がっていきます。パリでは、給料の半分以上を家賃に費やすのも普通です。
もし長期で住むのであれば、小さなスタジオや小さな2部屋アパルトマンでもいいので、不動産を購入するほうがお得です。
日本の不動産は、一度建てると価値は下がる一方ですが、パリの不動産の価値は、年々上がっていきます。パリの建物は19世紀のものがほとんどですが、日本のように家を新しく建て、壊して、また新しく建てると言う事はせず、中をリフォームして使い続けています。
日本人も含め、海外からの居住者も多く、パリの人口は年々増加していますが、パリ市内は、新しく家を建てる場所もないため、不動産の価値も上がり続けます。

不動産の売買は、不動産の賃貸に比べればもちろん複雑ですが、10年後アパルトマンを売るときには、1.5倍または2倍くらいに価値が上がっている可能性が高いです。
毎月高い家賃を払い続け、毎月給料の半分以上を使い、何も残らないより、不動産を購入してしまう方が、確実に財産が増やせます。
小さいアパルトマンであれば、日本の不動産に比べて、管理費や固定資産税等もかなり割安です。エレベーターのない物件も多数ありますが、エレベーターがなければ、さらに管理費が安くなります。
日本の不動産では、価値が上がり利益を得る事は滅多にありませんが、パリでは普通に可能です。
最近では、日本人でも、パリに不動産を所有する人が増えています。自分が住まなくても、賃貸したり、旅行者に貸しても、かなりの収入になります。是非、不動産の購入を検討してください。

2.イブ・ロシェ(Yves Rocher)のポイントとプレゼント

ヨーロッパ在住20年の日本人オススメ!パリで楽しくお得に生活する方法5選・イブ・ロシェ(Yves Rocher)のポイントとプレゼント
日本ではお馴染みのポイントカードですが、フランスではスーパーマーケット以外はほとんど存在しません。
フランスでは唯一といっていい、おすすめのポイントカードがあります。イブ・ロシェという自然派の化粧品を中心に、香水や石鹸、バスグッズ、男性ものを扱うショップです。オーガニック化粧品やエイジングケア商品もあります。
値段は手頃なものが多く、コスパが高く、購入しやすい価格帯で揃えています。しかも、毎月くらい頻繁に50%OFFや30%OFFのセールをしているので、2ユーロくらいで買えるクリームがあるほどです。

イブ・ロシェの会員になると、毎月ハガキが送られてきます。会員になるには、ショップで、名前や住所などの登録をするだけで、年会費無料です。
ハガキにはプレゼント内容が記載しており、バッグやアクセサリー、手帳とペンのセット、旅行バッグ、ミニトーチ(懐中電灯)、スカーフ、傘など、ほぼ毎月のように様々なプレゼントがあります。プレゼントは何も買わずにもらえるものから、2ユーロ以上の買い物でなど条件がついたものがありますが、2ユーロくらいの小額の買い物でもらえるプレゼントばかりです。プレゼントもフランスらしいおしゃれなデザインで、実用的な結構いいものがもらえるので、毎月楽しみができます。
また、ポイントカードもあり、ポイントを貯めると貯めたポイント数に応じて、好きな商品が無料でもらえます。
是非、会員になって、プレゼントを集めてください。

⇒パリのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.ギャラリー・ラファイエットの「クラブ・ジャポン」

ギャラリー・ラファイエットでは本館地下1階にジャパニーズ・カスタマー・サービスがあります。通常、日本からの観光者に免税書類を作成してくれる所ですが、フランスの居住者向けに「クラブ・ジャポン」と言うギャラリー・ラファイエット内のショップで、10%OFFでお買い物ができるカードも発行してくれます。
滞在許可証を提示して、申し込み用紙を記入するだけで、年会費無料で即日発行してもらえます。期限は、滞在許可証の有効期限日または最大2年間になります。更新も可能です。

また日本から、ご家族や友達、知り合いなどが、フランスに遊びに来た時は、「クラブ・ジャポン」のカードを持参し、日本からの旅行者とジャパニーズ・カスタマー・サービスまで行くと、旅行者用の10%OFFのカードを即日発行してくれます。滞在中何度でも使用できます。
ただ、10%OFFはギャラリー・ラファイエット内すべてのショップで使用できるわけではないのでご注意ください。ポワン・ルージュという赤い日の丸マークのような印があると、割引にならないので、買い物前に各ショップで確認してください。

4.衣料品と生活用品は年に2回のセールをうまく活用する

ヨーロッパ在住20年の日本人オススメ!パリで楽しくお得に生活する方法5選・衣料品と生活用品は年に2回のセールをうまく活用する
フランスは年に2回、夏と冬にソルドと言う大セールがあります。セールの開始日は政府が決めるため、パリ市内のお店は一斉に同日開始になります。
春と秋にも、各店舗で好きな日から始められるセールがありますが、あまり値段が下がらないので、夏と冬のセールの時にまとめ買いをすることをお勧めします。
デパートでは、夏と冬のセールはセール開始の2週目または、3週目の週末から、2回目の値引きが行われます。最初30%OFFで売られていたものが、さらに20%OFFの価格となります。まだ数に余裕があり、残っていそうだったら、2回の値引きを待つのがお得です。

生活用品は、フランス全土に展開する「モノプリ」と言うお店がオススメです。
シーツ等のリネン類から、フライパンなどの調理道具、マグカップやお皿などのキッチン用品、キャンドルなどの雑貨から、洋服やアンダーウェアまで幅広い品揃えを誇っています。お店によっては、スーツケースや椅子テーブル等の家具類まで揃っています。
リネン類はデザインがオシャレで、キッチンウェアは、カラフルで鮮やかな色が揃います。日本にはないフランシスらしいデザインのものが多く、フランスでの生活を彩ってくれる商品が豊富です。
やはり年2回のセールの2週目、3週目の木曜日から、大幅な値引きをしますが、デパートと違い30%OFFからさらに20%OFFではなく、最初50%OFFで売っていたものも、70%OFFの価格になります。
かなり格安で、日用品を揃えるチャンスです。

5.日本食は土曜日に購入

オペラ座付近には、日本食品屋と韓国食品屋(日本食も多数取り扱いあります)が何件か集まっていますが、ほとんどのお店は土曜日が10%OFFです。日本食は、日本で購入するのと比較して3倍から5倍はするので、少しでも安い土曜日にまとめ買いすることをお勧めします。

⇒パリのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:takamika】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。