総再生回数

660,172,970

動画登録数

621

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選
ドイツの美容グッズといえば、オーガニックにこだわった品質やその効果が高く評価されています。日本でも輸入雑貨のお店などで買えるようになってきましたが、商品数が少ないこととなんといっても値段が全く変わってきます。今回は今注目のブランドを紹介していくとともに、それらが買えるドイツの主なドラッグストアを紹介していきます。

1.NIVEA(ニベア)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・NIVEA(ニベア)
日本でもお馴染みのNIVEAも実はドイツ発のブランドです。価格は日本で買うのとさほど変わりがありませんが、商品のラインナップは異なります。ボディクリームやリップクリームを想像する方も多いかと思いますが、ドイツでは手軽に買える高品質のブランドとして家族などに人気があります。シャンプーやリンスもカラー用やダメージヘア用など種類が沢山あり自分の髪質に合ったものを選べるほか、男性用や子ども用、また他の商品としてはデオスプレーや日焼け止め、入浴剤まで全てのスキンケアをNIVEAで揃えることも出来ます。海外製品は合わないときが心配かもしれませんが、NIVEA製品であれば安心できると思います。

2.lavera(ラヴェーラ)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・lavera(ラヴェーラ)
オーガニックにこだわった商品でBIO製品が有名なドイツでは大変人気がありポピュラーなものになっています。洗顔石鹸から化粧水や美容液などサイズもタイプも様々、また無香料から季節限定の香りがつけられたものもあります。一番の定番は水の清々しいしいパッケジーのものになっていますが、アレルギー肌の人のために薬を配合した特別ブランドもあるので肌の弱い人も安心して使うことが出来ます。

3.WELEDA(ヴェレダ)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・WELEDA(ヴェレダ)
1921年創業の老舗メーカーで日本でも人気の商品ですが、世界約50カ国で人気なのがこのWELEDAシリーズだと思います。この商品もオーガニックにこだわっており、医薬品としての基準も満たしているのでその安心感は一般の化粧品にとどまらず国内では医療関係でも使用されているほどです。こちらも実は多岐にわたる商品が開発されており、基礎化粧品はもちろん歯磨き粉やシャンプーなど日本では買えないものが沢山の商品があります。定番の香りとしてはざくろ(Granatapfel)やアーモンド(Mandel)などが人気ですが、お気に入りの商品を見つけてほしいと思います。旅行用に持ち運び出来るような、小さい15mlサイズの美容液なども種類が豊富においてあり、嵩張らない上に値段も2ユーロくらいと安いため、ばらまき土産にもってこいの商品です。

⇒ドイツのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.Kneipp(クナイプ)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・Kneipp(クナイプ)
入浴剤として日本でも有名なブランドですが、実はスキンケア商品も取り扱っています。ハーブの会社になるので、ラベンダーやカモミールなどリラックス効果のある香りが多く、またハーブの効能によってイメージしやすいと思うのでドイツ語が読めなくても分かりやすいでしょう。Kneippの出しているフェイスクリーム(Gesichtscreme)は優れもので24時間乾燥から守るというのを謳い文句に、いつまでもしっとり感が続きます。だからといってべたべたする訳ではないので化粧水の後化粧下地としても使うことが出来ます。
もちろん入浴剤も日本よりはるかに種類が豊富な上に安いのでおすすめします。バスソルト(Badesalze)などの粗い粒のたぐいから、オイルであったり泡の入浴剤などもあります。子供と楽しんで入れるような、可愛いイラストが特徴の2種類の色と香りが別に入っているタイプも売られています。遊びながら、少しずつ量を入れたりと色や香りの変化をつけられるので小さい子供がいる家族には喜んでもらえます。

5.Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)
この中では少し値段が高めのブランドになっていますが、日本で買うよりも半額ほどで買うことが出来ます。オーガニックにこだわっているのはもちろんのこと、その使う植物の栽培までも管理をしているので徹底した自然派コスメといえるでしょう。老舗のメーカーで医薬品会社として機能していたので、肌のことを考えた基礎化粧品が沢山あります。ファンデーションやメイクアップの商品もドイツでは売られていますが、その値段と品質からか基本的には美容部員の方がいるコーナーに置いてあります。言葉のこともあるので気軽さはなくなりますが、日本で事前に商品のことを分かっているのであれば問題なく買うことが出来るでしょう。

【お勧めドラッグストア】dm(デーエム)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・【お勧めドラッグストア】dm(デーエム)
ドイツ大手ドラッグストアといえばこのdmが一番だと思います。店舗数も多く、街を歩いていたら必ず見つけられるといっても過言ではありません。ミュンヘン観光中に便利な場所としてはKarlsplatz(カールスプラッツ)というSバーン/Uバーンの総合駅ともいえる中心地の地下街に大きなお店が入っています。
明るい店内と分かりやすい棚の並べ方は買い物もしやすく、また品揃えも豊富なため誰でも簡単にショッピングが楽しめるでしょう。無料のウォーターサーバーがほぼ全店の店内奥に置いてあるので、暑い夏の日などはドイツ人もお水を飲みにだけ入ることもあるほどです。また、赤ちゃん連れには嬉しいオムツを取り替えるスペースもあり、そこには台が置いてあるほか無料のおむつやお尻拭きまでも置いてあるので何とも有難いことだと思います。
dm独自のブランドとしては“Balea”というものがあり、スキンケアだけでなくトイレットペーパーなど日用品などほぼ全商品が作られています。値段はもちろん他のものに比べて安くお買い得になっていますが、ボディーソープなど香りもよく泡立ちもいいのでぜひ使ってみてください。

【お勧めドラッグストア】ROSSMANN(ロスマン)

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・【お勧めドラッグストア】ROSSMANN(ロスマン)
dmと並ぶくらいの大手ドラッグメーカーでミュンヘン市内にも店舗数はたくさんあります。dmが割引をしないのに対して、このROSSMANNは毎週安売りの広告の品をだしてくるのが特徴です。そのため、メーカー商品などは週によっては最安値で購入できるのでチェックが欠かせません。
独自のブランドは2つあり、“ISANA”という名前でdmと同じく全商品をカバーすることが出来ます。もう一つは独自ブランドでもオーガニックにこだわった“Alterra”というのもあり、これはスキンケアやヘアケア商品のみの取り扱いになりますが、値段が安いわりには品質は抜群なので、初めてドイツ商品を試す場合はこれを選んでみるのもいいでしょう。

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選のまとめ

ドイツのドラッグストアでお土産探し!スキンケア商品&ブランド5選・まとめ
ドラッグストアは覗くだけでも色とりどりの商品が並んでいて、外国ならではのものや香りもあるのでわくわく出来るかと思います。残念ながらスーパー同様日曜日が休みにはなりますが、通常8-20時まで空いているので是非足を運んでみてください。
⇒ドイツのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:SN】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。