総再生回数

660,172,970

動画登録数

621

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選
50年も続いている人気のスパイ映画「007」。今年の秋には次回作が公開される予定ですが、観終わったあとに、絶対に旅に出ようと思わせる映画は、この「007」がダントツではないでしょうか。
主人公ジェームスボンドは、英国情報部MI6所属で、世界中で悪を退治しながら、美しいボンドガールとのロマンスもありで、激しいアクションとスケールの大きいストーリー性が人気の秘密かもしれません。あの、定番の音楽に乗って映し出される世界の風景は、観る者の心を旅に誘い出す力がありますよね。
舞台になったところは世界中に数多くありますが、そのなかでも絶対に行きたいヨーロッパの都市をご紹介したいと思います。「007」にちなんで選りすぐりの7都市を選んでみました。

1.ロンドン|LONDON(UK)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・ロンドン|LONDON(UK)
英国情報部MI6の本部があるロンドンは、大変住みやすい都市。チューブと呼ばれて親しまれている地下鉄は便利な乗り物です。ロンドンは、英語を母国語としているので、他のヨーロッパの国々に比べて住みやすいと思われます。

ロンドンのタクシー

タクシーは「オースチン」と呼ばれる黒塗りのクラシックなもの。ロンドンのタクシードライバーは非常に優秀で、住所を伝えれば問題なくすんなりとその場所へ運んでくれます。それというのもロンドンでタクシードライバーになるのは非常に難しく、厳しい試験をパスした人しかライセンスがもらえないのです。安心して乗れるのがロンドンのタクシー。
ドライバー席と客席の間にガラスの仕切りがあるので、支払いは降りてから助手席の窓口で支払うシステムです。メーター表示でよいですが、マナーとしてチップも忘れずに。お釣りの端数程度でよいのですが、大きな荷物を乗せたり、という他にも何か特別なサービスを受けた場合には臨機応変にしましょう。

アフタヌーンティー

ロンドンでのお勧めは、本場のアフタヌ―ンティー。王道はなんといっても「ホテルリッツ」。人気なので早めの予約が必要です。老舗の格式あるこのホテルには、アフタヌーンティーであってもドレスコードがあり、男性はスーツとネクタイ着用、女性はエレガントなドレスで。
せっかくのロンドンの旅、めいっぱいおしゃれをして紳士淑女に徹してみませんか。

⇒ロンドンのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

2.パリ|PARIS(FRANCE)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・パリ|PARIS(FRANCE)
映画の中でも登場したのが、エッフェル塔。ギュスターブ・エッフェルという建築家が手掛けたものですが、その美しい繊細なフォルムが特徴です。「007」でもここが映し出されます。

エッフェル塔のレストラン「ル・ジューヌ・ヴェルヌ(Le Jules Verne)」

第2展望台の中にあるミシュランの星付きレストランで、フランス料理界の巨匠アラン・デュカスがプロデュ―スした店でも有名なのですが、なんといってもレストラン専用の予約者入口があるところがステキ。長蛇の列に並ばずに入れる上に、地上125mからパリの絶景を見ながら最高級の味を楽しめます。お洒落をして優雅なお食事をしてみてはいかがでしょうか。

⇒パリのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.ベニス|VENICE(ITALY)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・ベニス|VENICE(ITALY)
水の都ベニスは、ラグーナと呼ばれる浅瀬に松の杭を打って作られた町。長い月日を経て、松の杭はすでに化石化しているのですが、まさに水の上に建っている町で、世界に類をみない美しさ。そんな景色を背景に撮影が行われたのは「007」のみならず、たくさんの映画に登場しています。それくらい、どこでも絵になる町がベニスといえるでしょう。
町の中心は、サンマルコ広場で、この町の守護聖人サンマルコの遺体が収められているサンマルコ教会がその存在感をアピールしています。「007」では、ジェームスボンドがゴンドラでこの広場へ乗り上げて運転しているシーンとして登場。屋根付きの「ためいき橋」も映し出されます。

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・ベニス|ためいき橋
「ためいき橋」は、ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ渡り廊下で、死刑執行に向かう囚人がこの橋の窓から最後の風景をみてため息をついたので「ためいき橋」という名前がつきました。囚人はほとんどが政治犯です。

ゴンドラ遊覧

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・ゴンドラ遊覧
ベニスに行ったら、絶対に乗っていただきたいのが「ゴンドラ」。黒塗りの優雅なゴンドラの船頭さんは、ゴンドリエと呼ばれ、実はライセンスをとるのが非常に難しく、船も高いのでかなりの投資が必用なのです。したがって、料金もそれなりですが、水の都ベニスに行ったらぜひ乗っていただきたい乗り物。時間、場所などを考慮してどれに乗るか選べばいいと思います。個人なら予約は必用なく直接乗り場へ行けば問題ありません。一艘6人まで乗れますが、もちろん2人がロマンチック。何人乗っても一艘の値段と決まっています。
観光用のゴンドラの他に、ごみを運ぶ「ごみゴンドラ」やお葬式の時に棺を運ぶ「お葬式ゴンドラ」もあります。「007」では、このお葬式ゴンドラとジェームスボンドの乗るゴンドラがぶつかるシーン。

カーニバル

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・カーニバル
ベニスの町には、仮面のお店が多くあります。毎年2月に行われるベニスの仮面カーニバルはとても有名で、この時期は、中世の衣装を身にまとい仮面をつけた人々が闊歩します。観光客がカメラを向けると俳優さながらのポーズでこたえてくれます。みんな一般の人々ですが、この日のために趣向を凝らした衣装や美しい仮面を準備するわけです。この時期は、普段よりも一層町華やかさが増しますので機会がありましたら、ぜひカーニバルにあわせてお出かけくださいね。

⇒ベニス(ベネチア)のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.メテオラ|METEORA(GREECE)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・メテオラ|METEORA(GREECE)
天空の都市メテオラの観光拠点は、カランバカという町。町にはホテルやレストラン、お土産屋さんがずらりと建ち並び、観光客がいかに多いかがわかるようです。6千万年前に海底から砂岩が隆起して浸食されて現在のような奇怪な山となったのですが、その人里離れた孤立した山の頂上に作られた修道院群がメテオラです。おそらく僧侶や修道女が、瞑想や修行をする目的としてこの場所は適していたのでしょう。
「007」では、ジェームスボンドが頂上からロープを使って地上まで降りる見事なシーンとして登場。奇怪な山が建ち並ぶ風景に感動します。
ギリシャの首都アテネからは列車で約4時間くらい。長距離バスも出ていて5時間くらいかかります。
いずれの交通機関も本数が少なかったり、時間もよく変わるので事前にしっかり確認しておきましょう。カランバカのホテルに宿泊しての観光がお勧め。ギリシャに行ったら絶対に見ていただきたい場所です。

⇒メテオラ周辺のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

5.イスタンブール&カッパドキア(TURKEYS)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・イスタンブール&カッパドキア(TURKEYS)
トルコは、西アジアのアナトリア半島と東ヨーロッパのバルカン半島の東の地方にまたがっています。アジアとイスラムの雰囲気がエキゾチックなのでよくスパイ映画にも登場しますが、「007」次回の最新作もトルコが舞台です。首都はイスタンブール。イスラム圏の国の特徴は、モスクという寺院からコーラン(イスラムの経典)が流れてくるところ。イスタンブールでは、壮大なモスクや煌びやかな宮殿などの観光で楽しみましょう。トプカプ宮殿やアヤソフィア博物館をはじめとして見どころがいっぱい。

グランバザール

一般的に、「スーク」と呼ばれる大きな市場は観て歩くだけでも楽しいのでぜひお出かけください。独特の個性的な雑貨や小物、スパイスの数々、民族衣装や帽子など・・そのお店の数と種類の大きさに驚かされます。疲れたら、カフェでトルココーヒーや水タバコを試してみたらいかがですか。
高級品なものの中でのお勧めは、「カラスミ」と「キャビア」。日本よりも比較的安く手に入ります。

カッパドキア

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・カッパドキア
アナトリア高原の火山によって出来た奇怪な地形の山々。その珍しい地形に驚かされます。
カッパドキアの地名は「美しい馬の地」というペルシャ語に由来していて、「妖精の煙突」と呼ばれる岩山の間に位置するギョレメは、カッパドキアの町となっています。カッパドキアには、妖精の煙突やギョレメ博物館の他にも必見の場所がたくさんありますので、写真好きの方にはぜひ足を延ばしていただきたいところです。素敵な写真スポットがたくさん!

⇒イスタンブールのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

6.マドリード|MADRID(SPAIN)

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・マドリード|MADRID(SPAIN)
スペインの首都マドリードでは、世界に名だたる美術館めぐりはいかがでしょうか。

プラド美術館

歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館です。ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコなどをはじめとしてそのコレクションの豊富さに圧巻ですが、効率よくまわれるように入口のインフォメーションで館内地図をもらってからまわったらよいと思います。日本語版もあります。また有料で、日本語のイヤホンガイドも貸出ししてくれますので便利。疲れたらカフェで休憩しながらゆっくりと鑑賞したい広大な美術館です。

ソフィア美術館

スペインの巨匠「ゲルニカ」は、スペイン市民戦争を題材とした有名な絵。この他ピカソ作品はこの美術館にまとめて展示してあります。AVEというスペインを誇る新幹線の発着するアトーチャ駅の前に位置しています。

⇒マドリードのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

7.ウイーン|VIENNA(AUSTRIA)

美しい音楽の都ウイーンでは、馬車観光と音楽会をご紹介したいと思います。馬車がとまっている風景は映画の中にも出てきます。その美しい街角に、タイムスリップしたような錯覚になりそう。

馬車観光

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・馬車観光
2頭立ての馬車で、白い馬がなんともエレガント。町の中心部をこの馬車に乗ってまわる観光ですが、必ず最初に値段を交渉しましょう。まわる時間によって値段が異なります。紙に金額を書いての交渉が確実。
悪気がなく、言葉の問題でお互い誤解が生じる場合がありますので気をつけて、ステキな馬車観光の思い出をつくってくださいね。

シェンブルン宮殿の音楽会

【決定版】絶対行きたい!映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選・シェンブルン宮殿の音楽会
ハプスブルグ家の女帝マリアテレジアの壮大な黄色い宮殿。フランスのお嫁入りしたマリー・アントワネットはこの宮殿で育ちました。マリアテレジアの末娘です。
この宮殿も、有料で日本語のイヤホンガイドを借りることができます。
昼は宮殿内部の観光をして、夜は音楽会に出かけてみてはいかがでしょうか。チケットは、インターネット予約か、または館内でも販売しているので昼のうちに購入しておきましょう。

⇒ウィーンのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【決定版】映画007の舞台になったヨーロッパのお勧め都市7選のまとめ

ご紹介した都市は世界遺産がいっぱい。それだけ特別な場所での撮影だったわけで、あらためて「007」のスケールの大きさを感じます。
美しいヨーロッパの町並みと奇怪な山々、エキゾチックなイスラムの国など、見どころがたくさんありますので、ぜひ映画を観てから旅に出かけることをお勧めします。あなたの旅が、さらにその後の人生を豊かにすること間違いなしです。

【担当:nekotabiko】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。