総再生回数

660,213,908

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選
年間を通して多くの日本人が訪れるフランス。フランスは四季があるものの、気温の変化が激しい国でもあります。「服装や雨具などあらかじめ用意すべきだった!」「石畳の道が多いので歩きやすい靴にすればよかった!」など現地に行ってから持ち物について後悔することが多いのも事実です。
そこで今回はフランスに持っていくべき本当に便利な持ち物をご紹介していきます!

1.気候の変化やTPOにあわせたファッションアイテム

ウォーキング靴とオシャレ靴

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・ウォーキング靴とオシャレ靴
海外へ旅行に出かけると、観光のときは普段よりたくさん歩かれますよね?
フランスでは昔ながらの石畳の道が多く残っている国です。歴史の建造物を見て回ったり、大きな美術館内の有名な絵画を見て歩くなど探訪はつきないでしょう。
そこでとても重要になってくるのが靴選びです。素敵な国フランスを旅行するのでオシャレも楽しみたいところですが、せっかくの観光で足が痛くなり歩けなくなっては楽しみも半減していまいます。

街中を歩き回ることが多い日や美術館巡りなどをする日には、ぜひウォークングシューズでお出かけしましょう。石畳の多い道では、ヒール靴は石と石の間の溝にヒールがはまりやすく足をくじいたり、つまずいたりする原因になります。なにより歩きにくくてなかなか大変です。最近ではウォーキングシューズでもオシャレなデザインの物も多く出ていますので、日本で少し履きならしてからフランスで履くと靴擦れなども無く歩くことができるでしょう。

一方、ちょっと格式張ったレストランへ行かれる時は、オシャレ靴に履き替えましょう。一度ホテルに戻って履き替えるのもいいですし、バレーシューズのようなコンパクトな靴を履いて出かけて、レストランへ入る直前にオシャレ靴に履き替えるのもいいでしょう。レストランでは足下も意外と見られていますので、スーツケースに一足オシャレ靴を入れておくと旅先での素敵な時間をより演出してくれるアイテムとなります!

しわになりにくいワンピースが一着あると万能!

オシャレ靴に関係してくるのですが、ちょっとオシャレなレストランなどに出かけるときはワンピースが大活躍してくれます!夏ではさらっと一枚着てアクセサリーとオシャレ靴を合わせるとたちまちお出かけ服になります。秋冬などにはワンピースの上からカーディガンを羽織ったりストールをさらっと巻くのもいいでしょう。
しわになりにくい素材の物を選べば、スーツケースの中にクルクルっと丸めていれることができてかさばりません。
ワンピースを一枚入れておくだけで、レストランでちょっと優雅な気分でお食事ができますし、オペラなど見に行かれるときなどにも活躍してくれるアイテムです!

ストールはオシャレにも防寒にも最適

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・ストール
フランスは四季がありますが、たとえばパリでは、夏でも気温35度以上になるかと思えば翌日は17度まで下がることもあり予測不可能な気候です。そんなときのお役立ちアイテムがストールです!
冷たい風が吹いてくると首元が寒くなり体全体がすぐに冷えてしまいます。そんなときは、ストールをくるっと首元に巻くだけで首元が温まります。少し大きめのストールなら、肩から羽織るとカーディガンを一枚羽織るような感覚で便利です。
オシャレな柄のストールなら羽織ったときもさまになりますし、無地ならどんなシーンのお出かけにも合わせることができますので、ホテルからお出かけのときはストールをお忘れなく!

ユニクロのウルトラライトダウンジャケット

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・ユニクロのウルトラライトダウンジャケット
フランスは地方によって天気の移り変わりが激しいです。午前中晴れていたかと思えば急に雨が降ってきたり、小雨が降り続いて気温も下がってきたりなどお天気に振り回されることも多いです。
夏以外の季節にはユニクロのウルトラライトダウンジャケットがオススメです。軽くて丸めて専用ポーチにも納まり、お出かけのときにバッグの中に入れておいても重くありません。

できればフード付きがオススメです。小雨くらいならフードをかぶるだけで雨よけになりますし、風を通しにくく冷えた体を温めてくれます。海沿いを観光されるのであれば、風が強く体感温度が下がりますので、このダウンジャケットを持っていけばその場でサラッときることができとても便利です。
また、飛行機の中でも活躍してくれます。膝掛けとして使うと足下の冷え対策にもなりますし、薄いブランケットだけで機内で眠ると体調を崩しかねませんので、このダウンジャケットを羽織るだけでもずいぶんと快適に機内でも過ごせますよ!

⇒フランスのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

2.エコバッグはいろんな場面で活躍

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・エコバッグ
フランス滞在中は、行く先々でお土産やちょっと珍しい物をお買い物したくなります。そんな時、エコバッグを持っていると大変便利です。フランスでは買い物袋をもらえないお店もあります。また、細々としたお土産袋をいくつも持つのも大変です。そこでそれらをまとめていれられるエコバッグがあると手荷物も楽になります。また、有名ブランドでお買い物したときに入れてもらう紙袋をさげて街中を歩くと物取りに合うこともあります。あまり大きな紙袋でなければスポッとエコバックにいれてしまえば、防犯対策にもなります。フランスではエコバックを持っている人が多いので、街中でエコバッグを持ち歩いていても自然ですよ!

3.乾燥対策の保湿クリームは必須!

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・保湿クリーム
フランスは日本に比べると空気が乾燥しています。また日本の水が軟水なのに対し、フランスの水は硬水です。そのためフランス滞在中は、乾燥がとても気になってきます。顔はもちろんですが体の乾燥も気になってきますので、乾燥対策としてシャワー後に保湿クリームを足や腕に塗ることをオススメします。特にかかとは乾燥からひび割れにつながり旅先でたくさん歩かれる方には辛いです。乾燥と硬水により皮膚が硬くなりやすく、乾燥からくる痒みも引き起こすことがあります。シャワー後に保湿クリームでお手入れしておけば、乾燥による肌のトラブルも少なくなりますので、ぜひお使いください!

4.常備薬は日本で使い慣れた物を!

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選・常備薬
旅先で急に体調が悪くなることもあります。気候の変化で風邪を引いたり、頭痛や腹痛など病院へ行くほどではないけれどすぐになんとかしたい!というときがありますよね?
あらかじめ日本から常備薬として服用しなれている薬を持っていきましょう。現地でも薬は買えますが、慣れない言葉で症状を伝えるのも難しいですし、日本とフランスでは薬の強さも違いますので、できるだけ日本から持参しておくと急な体調の異変にも心強いです。

在住者が教える!フランス旅行・滞在時に便利な持ち物4選のまとめ

実際フランスへ何度も旅行をし、現在はフランス在住の私が、旅行中あると本当に便利だと感じた持ち物をご紹介しました。フランスの1年を通してようやくわかった気候に合った服装選びや、お土産探しのショッピングでエコバッグを持っていなかったために大変な思いをしたことなど、さまざまな経験から必要だと感じた持ち物ばかりです。
これからフランスへ旅行されるみなさまのちょっとしたお役立ち情報として、今回ご紹介した本当に便利な持ち物をぜひご参考ください!
⇒品揃え多数!安心&実績の「JTB」でフランス旅行の最新人気ツアーをチェック

【担当:mitokichi】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。