総再生回数

660,712,138

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)
イタリアの首都ローマは、今は亡きオードリー・ヘップバーン主演の名作「ローマの休日」の舞台。永遠の都ローマは、昼と夜の顔を持ち合わせた魅力的な都市。映画の中でも、夜の町並みが美しく映し出されます。古代遺跡と古い町並みがライトアップされ、その輝くイルミネーションに魅了されることでしょう。映画「ローマの休日」のように、夜景の素敵な場所の数々をご紹介したいと思います。

1.サンピエトロ大聖堂|Basillica di San Pietro in Vaticano

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・サンピエトロ大聖堂
バチカン市国にあるカトリックの総本山。サン・ピエトロは「聖ペトロ」の意味で、キリストの使徒ぺトロのイタリア語読み。キリスト教の教会建築としては、世界最大級の大きさで、ローマ教皇の住むバチカン宮殿、バチカン美術館などがあり、バチカン市国として世界遺産に登録されています。
クリスマスシーズンには、広場に大きなツリーやプレセピオと呼ばれるキリストの誕生場面のシーンの人形の模型が設置され、華やかになります。

2.サンタンジェロ城|Castel Sant’Angelo

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・サンタンジェロ城
ローマ市内を流れるテヴェレ川右岸にある城塞で、聖天使城とも呼ばれます。139年、ハドリアヌス帝の霊廟として造られたものを、後に要塞や牢獄、教皇の住居などとして使用してきた建物で、屋上には、この城の名前の由来である大天使ミカエルの大きな像がそびえ立っています。
「ローマの休日」では、オードリー・ヘップバーン扮するアン王女がギターで相手をたたきのめす乱闘シーンの背景に映し出されます。近くにあるサンピエトロ大聖堂とは秘密の通路で繋がっていると言われています。テラスまで登ることもできるので、晴れた日にはローマ市内が一望できます。
オペラ「トスカ」では、主人公がこのテラスからテヴェレ川に飛び込んで自殺するという場面に登場しています。

3.コロッセオ|Colosseo

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・コロッセオ
ローマ帝政期に造られた円形競技場。競技場を指すコロシアムの語源になっています。ここでは、猛獣対剣闘士、猛獣同士又は剣闘士同士の戦いが繰り広げられていて、どちらかが死ぬまで戦いました。今は、野良猫の住み家と化しておりますが、日中は有料で内部の見学が可能です。コスプレの剣闘士たちも寄ってきますが、写真をとるとこちらもチップを要求されますので、法外なお金をとられないようにお気をつけくださいね。
周囲が527メートル、高さ48メートル、収容人数は5万人という巨大な建造物は今から2000年も前に造られたのです。夜になりライトアップをすると暗闇に浮かび上がる幻想的ともいえるコロッセオは、まるで2000年前にタイムスリップしたよう。太古の昔、死闘に熱狂した人々の歓声が現代に蘇ってきそうですね。

4.トレヴィの泉|Fontana di Trevi

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・トレヴィの泉
ローマにある最も巨大なバロック時代の人工の噴水。ポーリ宮殿の壁と一体となったデザインで、中央には海の神様ポセイドン、両脇には女神が配置されています。
イタリア語でトレは3つ、ビアは道。つまり3つの道が出会う場所で13キロも引かれた古代ローマの水道の終点でした。すぐそばに、アン王女が髪の毛を切った「床屋さん」がありますが、現在は皮のお店となっており、撮影された場所だと言う表示が小さく残されています。また、コインを投げると願いが叶うという言い伝えがあり、1つ目は「またローマに戻ってこられる」、2つ目は「好きな人と結ばれる」、3つ目は「嫌いな人と別れられる」となっていますが、誰が決めたかはナゾ。噴水を背にして、右手で左肩越しに投げるのがルールだそう。旅の思い出に試してみてはいかがですか。
夜は、ほんとうに美しい幻想的な水と彫刻のイルミネーションです。

⇒ローマのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

5.ヴェネツィア広場|Piazza Venezia

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・ヴェネツィア広場
広場に面して建っているヴェネツィア宮殿にちなんでこの名前がつけられました。広場は、カンピドリオの丘のふもとにあり、目の前にヴィクトリオ・エマヌエ―レ2世記念堂がそびえたっています。中央の騎馬像は、大型バス1台分もある大きさなので、いかに建物が大きいかがわかります。騎馬像の下は24時間火を灯し、第二次世界大戦で亡くなった無名戦士の墓になっています。
ムッソリーニはヴェネツィア宮殿に執務室を置き、この広場に面したバルコニーから演説を行いました。この裏手には、古代ローマ歴史地区が広がっており、政治・経済・生活の中心だったフォロロマーノ、コロッセオ、チルコ・マッシモ(古代戦車場)、カラカラ浴場など、2000年前の古代遺跡群が、時を今に伝えています。

6.テヴェレ川|Tevere

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・テヴェレ川
テヴェレ川はイタリアで3番目に長い川で、イタリアを縦断しているアぺンニーノ山脈に端を発しローマ市内を流れてティレニア海に注いでいます。伝説では、ローマの創始者であるロムルスとレムスという双子の子供がこの川に流されてきて、雌狼に育てられ、争いの結果、ロムルスが勝利しここに町を建設しました。それでローマという名前が名付けられました。
ローマの町を違った角度から楽しめるクルーズもお勧め。サンタンジェロ城とティべリーナ島という中州の島が停留所で30分毎の運行で乗り降り自由。24時間乗り放題になっています。夜のイルミネーションも素敵。

7.トラステヴェレ|Trastevere

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・トラステヴェレ
トラステヴェレは、直訳すると「テヴェレ川の向こう側」。つまりローマの下町で、入り組んだ路地の多い石畳の古い地区は、遅くまで営業するレストランやピッツェリア、若者たちの集まるライブハウスなどがたくさん集まるナイトライフの中心地。その一方、古い教会も点在する歴史地区ともなっています。

8.古代遺跡

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・古代遺跡
「ローマは1日にして成らず」というように、町中が古代遺跡だらけのローマは、まだまだ地下にも遺跡が埋もれているのです。暗くなってから車でローマ市内を走るとライトアップされた古代遺跡だらけ。ほんとにタイムスリップしたような気分になります。現代によみがえる2000年前の遺跡巡り、とてもロマンあふれる夜になりそうです。

9.噴水|Fontana

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・噴水
噴水も、ローマ市内にはたくさんあります。どれも素晴らしい彫刻がほどこされ、町の雰囲気に融合しています。ライトアップをした噴水は、まさに夜のローマの休日。素敵な写真スポットに一役かっています。

10.古い町並みの通り

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)・古い町並みの通り
歴史を感じさせる古い町並みのローマ。中世時代の石造りの重厚な建物と石畳の通りは、ショップやレストラン、バルなどが建ち並んでおりますが、建物は古く内部は改装をしているので近代的。その微妙なバランスは、歴史の町ローマならではです。
町全体が統一感があり、夜のイルミネーションは、オレンジ系の柔らかな明かりなのでとてもロマンチックな雰囲気です。

ライトアップが美しい!永遠の都ローマの休日10選(夜編)のまとめ

世界に誇る歴史的な町ローマの夜のイルミネーションを堪能し、あなただけのローマの夜の休日をつくりあげてください。美しい風景は、心にいつまでも残る素敵な思い出になることでしょう。
⇒品揃え多数!安心&実績の「JTB」でイタリア旅行の最新人気ツアーをチェック

【担当:nekotabiko】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。