総再生回数

660,172,970

動画登録数

621

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

フィリピンに行ったら食べてほしい!ちょっと変わったフィリピン料理5選

フィリピンに行ったら食べてほしい!ちょっと変わったフィリピン料理5選
旅行にいったら観光、ショッピングなど楽しみなことがたくさんあります!ですがやっぱり1番の楽しみは食事ですよね!
日本ではなかなか食べられない本場の味を堪能するのが旅の醍醐味といっても過言ではありません!常夏の国フィリピンでは日本では食べられないような食べ物がたくさんあります!フィリピンのお袋の味・アドボや、具だくさんのすっぱいスープ・シニガンなどの料理があり、どれもクセになるおいしさです!
有名なものや美味しいものはもちろんのこと、現地の人しか食べないような料理にも興味ありませんか??
今回は食べるのにちょっと勇気がいる!?フィリピンの食べ物をご紹介します!!

1.シシッグ

まずは有名どころのシシッグをご紹介します!
茹でたあと炭で焼いた豚の耳やほっぺたの肉と豚のレバーやたまねぎを細かく切り、ビネガーで酸っぱく、そして唐辛子で少しスパイシーに味付けし炒めたものです。上には生卵がのっており、それをかき混ぜて食べるのが一般的です。
他にも鳥を使ったシシックもあります。鉄板に乗せられ運ばれてくるのですが、ジューっという音と香ばしいにおいが食欲をそそります!味が濃く、おつまみにぴったりでお酒がよくすすむんです!
フィリピン料理のお店に行くと必ず置いてあるこの料理。沖縄料理のミミガーみたいに最初は勇気がいりますが、一度食べてしまうとやみつきになること間違いなしです!そしてこれを白いごはんにかけて食べるのもまた格別です。
途中味に飽きてきたなと思ったら添えてあるライムのような柑橘類の一種・カラマンシーを絞ってみるとさっぱりとして食べやすいですよ。
お店によって材料の大きさや辛さなどが違うため、食べ比べて自分好みのシシックを見つけてみてください!

2.グリーンマンゴー

フィリピンに行ったら食べてほしい!ちょっと変わったフィリピン料理5選・グリーンマンゴー
フィリピンといえばマンゴー。フィリピンに行った方は必ずマンゴーを食べたり、お土産にドライマンゴーを買ったりすると思います。そんな甘くておいしいマンゴーですが、熟れてない青い状態のグリーンマンゴーも食べられるのを知っていますか?
食べ方は皮をむき、食べやすい大きさに切ったグリーンマンゴーをバゴーンと呼ばれる小エビをペースト状にし、塩で味付けされた調味料につけて食べます。食感はパリポリと音がなるくらいの固めの柿のようで、味は酸っぱいです。
酸味と少しの渋みとバゴーンの塩味が合わさり、なんとも言えないお味がします笑
わたしはあまり好みではないのですがそれでもなぜが手が止まらず、ビールと一緒に食べていました。
サリサリと呼ばれるコンビニのようなお店で店主が出してくれたのですが、熟れていないマンゴーを食べるという概念がなかったためすごく驚きました!甘いマンゴーに飽きてしまった方にはぜひ挑戦してほしい一品です。

⇒フィリピン・マニラ周辺のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.チッチャロン

フィリピンに行ったら食べてほしい!ちょっと変わったフィリピン料理5選・チッチャロン
豚の皮を乾燥させたものを油で揚げ、お酢につけて食べるスナックのチッチャロン。色はお麩のような茶色で、サクサクとした歯ごたえです。チッチャロン単体では薄い塩味のみで少し脂っこいのですが、お酢をつけるとサッパリとして食べやすくなります。こちらはスーパーなどでも何種類と売っているのでお土産にもできます!
お菓子売り場で売られているためお菓子としても食べますし、やはりお酒のアテとしても人気です。こちらは好き嫌いが分かれるので苦手な人もいるかもしれません。
そしてスーパーで売っているものよりは露店で売っているチッチャロンの方がパサパサしておらずコクがありおいしいです!
シンプルな材料ですが、お店によって味が全く違ってくるそうで、地元の方はおいしいチッチャロンを買えるお気に入りのお店を知っているみたいです。
また、セブ島のカルカルという地域はチッチャロンが名産品でおいしいそうなので、セブ島に行かれる方はぜひカルカルまで足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

4.ウベアイス

紫色をしたウベと呼ばれるフィリピンの芋を使ったウベアイス。見た目は着色料を使ったかのような青みの強い紫色をしています。しかし味はなんとも言えないおいしさで、お芋のやさしい甘さがします。日本でも沖縄では食べられるそうです。
フィリピン名物のハロハロ(フィリピン版カキ氷)にはこのウベアイスがのっていることが多いです。ウベ自体は食べたことがないのでどんな味か気になりますが、ウベアイスは本当に絶品!!
わたしはハロハロの上にちょっとのっているウベアイスしか食べたことがなく、いつももっとウベアイスを食べたい!!と思っていましたが、調べてみると普通にスーパーで大型パックで売られているようです。
アイスだけでなくウベ味のケーキなどもスーパーのお菓子売り場で売られているので、お土産用に購入するのがおすすめです。

5.バロット

今回ご紹介する中で一番のゲテモノ、バロットです。孵化直前のアヒルの卵を茹でたもので、見た目の衝撃度は大きすぎます。現地の人はこのバロットが大好物らしいと聞いていたのですが、中には絶対に食べられないという方もいました。ですが好きな方は本当に好きで「絶対に食べてみて!」と強くオススメされました。正しい食べ方は卵の尖っている方の殻を割り、そこから塩またはお酢を入れ、中に入っているスープを飲みます。このスープが絶品らしく、また栄養価も高いとか。スープを飲み干したら残りの殻をむき、中身をいただきます。
しかし、少し殻をむいただけで羽やら足やらが顔を出すので、食べるのには相当の勇気がいります。ヒナになっていない部分は普通のゆで卵となんら変わりはない味がします。ヒナの部分はバロット好きの現地の方いわく、一番おいしいとのことですが、わたしはどうしても食べられませんでした。
怖いものみたさで挑戦してみてはどうでしょうか?

フィリピンに行ったら食べてほしい!ちょっと変わったフィリピン料理5選のまとめ

所変われば食べ物も全く違い、日本ではお目にかかれない様々な料理が堪能できるフィリピン。フィリピンに行く前はフィリピン料理が1つも思い浮かばないくらいでしたが、食べてみるとおいしいものばかりでびっくりしますよ!
ちょっと刺激的な体験をしてみたい方は上で紹介した料理にぜひチャレンジしてみてください!もちろん、変わった料理だけではなく、おいしいフィリピン料理もたくさんあるのでそちらもぜひご賞味ください!
⇒フィリピン・マニラ周辺のホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:Natsuminga】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。