総再生回数

659,825,146

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

カンボジア旅行に持っていくことをお勧めするグッズ9選

カンボジア旅行に持っていくことをお勧めするグッズ9選
初めて一人でカンボジアに行く際、パッキングが苦手な私は、初めて行く国に何を持っていけばいいものかとかなり悩み、実際まったく必要なかったものなどもたくさん持っていきました。なので今回は、これがあったら便利だった!!というものをご紹介いたします。ぜひ参考にしてください!

1.ポケットティッシュ

場所によってはトイレットペーパーが置いてない場合もあるので常にカバンに入れておいた方が良いでしょう。現地の人は手動ウォッシュレットのようなもので流すのが一般的らしく、便座がビシャビシャに濡れている事が多々あるので要注意です。
また、衛生面では、ローカルの飲食店では必ずお皿やスプーンなどは拭いてから使いましょう。
これは、日本人が几帳面などと言うわけではなく、現地の人も当たり前のようにやります。
私は、基本的に室内で見た目きれいなお店以外は何もかも拭くようにしています。売店などに売っている缶ジュースも同様、口を付けるところは拭き取るようにしましょう。

2.ウエットティッシュ

汚れた手を拭くのはもちろんですが、それ以外にも、カンボジアの交通手段トゥクトゥクのイスは平気で砂がかぶっていますし、飲食店では、日本では必ずと言っていいほどおしぼりが出てきますが、ローカルの飲食店などはおしぼりが出てくるところはまずありません。使い捨てのお手拭きなどがないところも普通にあります。
先程書いたようにお皿などを拭く際、ティッシュだけじゃ不安!という方はウエットティッシュを使用しましょう。除菌ウエットティッシュなどが良いかもしれませんね。
(さらに気になる方は、除菌ハンドジェルなども持っていると良いかもしれません。)
また、汗などを拭きたいときにも使えますね!
ティッシュやウエットティッシュは、現地のスーパーなや市場など、どこにでも売っていますが、日本のものと違い香りが結構ガッツリついています。

3.日焼け止め

カンボジアの日差しは年中非常に強いです。日本の倍とも言われています。
遺跡などの観光でたくさん歩く方、年中暑いので海やプールに行く方、必ず日焼け止めを塗りましょう。汗をかいたり、水に入る事で日焼け止めの効果が薄れる事もあるので、少々面倒ではありますが、一定時間置きに塗り直したほうが良いです。気を抜くとすぐに日焼けします。
私は、カンボジアの日差しがそれほど強いとも知らずに、一番暑い時期に日焼け止めも塗らず海に行きビーチで寝てしまったことがあったのですが、当然かなり日焼けしてしまい、歩くだけで痛い、シャワーの水圧が辛い、温水シャワーなんてもってのほか!と相当な思いをしたので、必ず日焼け止めは塗りましょう!!

4.ぼうし

日焼けや熱中症対策のために、あったほうがいいと思います。ツバが広めのものがおススメです。現地の女性も日焼け予防のためなのか、帽子をかぶっている人が多い気がします。

5.長袖の羽織もの

日中はかなり気温が上がるため、長袖を着るのは少しきついかもしれませんが、
日焼け対策や虫刺され防止にもなります。また、カンボジアはほぼ一年中半袖で過ごせる気候ですが、カフェやスーパー、バスの中など室内の温度設定が低めに設定されておりかなり寒いため、すぐに脱ぎ着できるものでそれほどかさばらないものを一枚持っているといいと思います。

⇒カンボジアのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

6.虫よけ・かゆみ止め

カンボジアでかなり悩まされるのが蚊です。どこに行っても刺されます。ホテルにも普通にいます。私も、出かける時には必ず虫よけを塗って出かけますが、それでも刺される事があるのでいつもカバンにはかゆみ止めを入れています。
そして、蚊といえばマラリアやデング熱などの感染症を心配される方が多いと思います。マラリアに関しては、首都プノンペンやアンコールワットがあるシェムリアップではかかることはほぼないと言われているのでそちらの方に旅行される方であれば、さほど心配はいらないと思います。
また、昨年東京でも感染者が出て話題になったデング熱ですが、これは残念ながらまれにかかってしまう人がいるそうです。予防法を調べましたが、何しろ蚊に刺されないようにすることだそうです。
せっかくの旅行が感染症で台無しになってはもったいないので、虫よけは必ず持参しましょう。忘れた方は現地で購入しましょう。
スプレータイプの虫よけよりもクリームタイプの虫よけのほうが効果があったように思います。

7.歯ブラシ

歯ブラシは、そこそこのホテルなら置いてありますし、現地でももちろん売っていますが、ブラシ部分がとても大きく、使いにくいです。なので、ご自分の気に入っているものを持っていきましょう。私も一時帰国した時には必ず何本か新しい歯ブラシを買って帰ります。

8.(女性の方向け)ヘアトリートメント・オイルなど

私もカンボジアに来てから何か所かこちらのホテルに泊まりましたが、ご丁寧にリンスやトリートメントが置いてあるホテルには出会ったことがありません。シャンプーやボディーソープが置いてあるところは何か所かありましたが、ひどいところは固形石鹸しか置いてないところも・・・。
現地でも売店に小分けなった試供品のようなイメージのものが安価で売っているのでかさばらずに便利ではありますが、あまりリンス自体の質はよくないのでお勧めはしません。
さらにカンボジアの水は硬水で、洗うと髪の毛がギシギシパサパサになります。なのでオイルは必須です!
日本のシャンプーも現地に売っていますが、かなり高級です。自分のお気に入りのものを持っていきましょう。

9.(女性の方向け)生理用品

生理用品もこちらで購入したものを何回か使ったことがありますが、日本のものほど質が良くないので、急な時以外はあまりお勧めできません。普段ご自身が使っていて安心できるものを持っていきましょう。生理用品は日本が世界一だと思います!

カンボジア旅行に持っていくことをお勧めするグッズ9選のまとめ

以上、カンボジア旅行の際に持ってくると便利なものをご紹介しました。
最近では首都プノンペンにもイオンモールが出来、基本的には何でも手に入るようになり困る事も減りましたが、いくら短期間の滞在とはいえ、慣れない国で慣れないものを使うのはストレスにもなりかねないので、楽しい旅を満喫するにはやはり、自分の気にいったものを持参することをお勧めします!
⇒カンボジアのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:9022】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。