総再生回数

659,549,698

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選
タイ・バンコクに長期で滞在することが決まった皆さん。バンコクでの海外生活を前に日本から何を持って行こうか悩みますよね。バンコクは日本人がとっても暮らしやすい街なので、身体一つで飛び込んでもそれなりの生活は可能です。それでも日本から持ってきたら良かったなと思うものもあります。そこで、バンコク在住の筆者が一時帰国時に必ず購入する品々を中心に、日本からバンコクへ持って来るべきグッズを紹介します!

1.顆粒だしなどの日本の調味料、乾物

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選・顆粒だしなどの日本の調味料、乾物
自宅で日本料理を作るなら、必須になるのが日本の調味料です。バンコクの日系スーパーでも売ってはいますが、やっぱり日本よりお高めなので、日本で買ってくるのがおすすめです。顆粒だしや、顆粒鶏ガラスープ、豆板醤、昆布、乾燥わかめなんかを重宝しています♪醤油・酒・みりん・味噌などは、重量があるので日本からは持ち込まずにバンコクで購入しています。

2.インスタント食品

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選・インスタント食品
海外で生活していると、たまーに日本のインスタントラーメンが食べたくなる時があります。でも、バンコクの日系スーパーでは置いてある種類も少ないし、何よりも日本の3倍ほどの値段なので買う気が削がれてしまうんですよね。この金額があればレストランで食べられるなと思ってしまって手が伸びないのです。なので、単身でいらっしゃる男性の方は、インスタントラーメンを荷物にいくつか忍ばせておくと重宝すると思います。主婦の場合は、料理が面倒な時の強い味方、レトルト食品がおすすめ。やはりバンコクではお高いのでぜひ日本で買っておきましょう。

3.衣類の防虫剤

バンコクでもタイ製の衣類の防虫剤が売っています。ただし一昔前の樟脳臭いものばかりで、とても使う気になれないのが正直なところ。やっぱり臭いの少ない日本製が一番!次の一時帰国までに必要な分をまとめ買いしておきたいですね。

4.歯ブラシ

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選・歯ブラシ
海外生活で気をつけておきたいことの一つが、歯のメンテナンスです。歯の治療費は海外旅行保険の保証内容に含まれていないことも多いので、治療費の自己負担額が高額になることもしばしば。日頃から丁寧に歯磨きをして健康な歯で過ごしたいですね。歯のメンテナンスで重要となる歯ブラシですが、困ったことにバンコクで売っている歯ブラシはブラシ部分がとても大きいんです。大きいブラシは細かい部分までしっかり磨くには不向き。やはり日本製の歯ブラシが必須です。

⇒バンコクのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

5.化粧品・日焼け止め

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選・化粧品・日焼け止め
女性にとって化粧品は重要なアイテム!肌に直接つけるものだから、品質も気になりますよね。私はこれまで、タイ製品で良いものがないかと色々と探してきました。でも日本でも有名なタイの高級スパブランドは普段使いには高すぎるし、タイ人の友人に聞いても逆に日本のブランドを愛用している人が多かったりで、結局のところ基礎化粧品は日本製が良いという結論に辿りついています。使い慣れたアイテムを日本でまとめ買いして来れば安心です。また、常夏のバンコクでの必須アイテムの日焼け止めも、安心の日本製にこだわるならやっぱり日本で買った方が圧倒的に安いですよ。日本では日焼けめを使用していなかった男性の方も、日差しの強いバンコクに住むなら必須です。

6.文房具

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選・文房具
文房具の品質は圧倒的に日本製の方が上です。だからといってタイ製品で困ることはあまりないのですが、気になる方は日本で買ってきましょう。特にボールペンは嵩張りませんし、私が日本で購入するアイテムの一つです。また、ノートよりもルーズリーフを好んで使われる方の場合、ルーズリーフはタイの文具屋ではあまり見かけないので、リフィルを日本で購入しておくとベター。

7.薄手のダウンジャケット

常夏のタイでどうしてダウン?と思われるかもしれませんね。このダウンが活躍するのは日本への一時帰国時です。薄手のダウンジャケットが一枚あると、日本の春・秋・冬どんな気候でも対応できますし、冷房の効いた機内や空港内でも活躍する優れものなんです。小さく折りたためるタイプならスーツケース内で場所をとらないので、沢山お土産を入れて帰れますよ~♪

【豆知識】海外在住者は日本で免税を受けられます!

海外に住んでいると、日本への一時帰国時にあれもこれもと欲張ってたくさん買い込んでしまうんですよね~。そんな人に朗報です!海外在住者は、一定の条件を満たせば日本国内の買い物で免税が受けられるのです。消費税も8%に上がりましたし、とってもありがたい制度ですよね。免税を受けるには、次のように様々な条件があります。

免税を受けるための条件

・免税店の許可を受けた店舗で購入する必要があります。大きなデパートやイオンモール、ドン・キホーテなどが対象店舗になっています。
・免税を受けられるのは「非居住者」に限られます。自分が非居住者にあたるかどうかをチェックしましょう。
・衣類や家電製品は1万円以上の購入で免税になります。
・食品、化粧品、医薬品などの消耗品は、5,000円以上購入すると免税になります。日本国内で消費されないよう、指定された方法で包装をする必要があります。
・免税店には必ずパスポートと帰り飛行機のチケットを持参しましょう。

詳しい条件は、以下の観光庁のサイトで確認してみてくださいね。
観光庁|Japan Tax-free Shop :http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

お近くの免税店は、同じく観光庁のこちらのページから検索できます。
https://tax-freeshop-wifi.jnto.go.jp/eng/index.php

バンコク移住、長期滞在が決まった人必見!絶対に日本で買って持っていくべきグッズ7選のまとめ

いかがでしたか?日本から遠く離れて海外で生活していても、やっぱり頼りになるのが高品質の日本製品。必要なものを賢く買って、楽しいバンコク生活を更にランクアップさせちゃいましょう♪
⇒バンコクのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:Saku】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。