総再生回数

659,549,698

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

南カリフォルニア・サンディエゴで住居探しする人の選択肢6選

南カリフォルニア・サンディエゴで住居探しする人の選択肢6選
カリフォルニアの最南端にあるサンディエゴは、気候が良く、人々もフレンドリーで住みやすいところです。そのため、留学や移住を考える人にとってはとても魅力的な街だと思います。ただ、サンディエゴの不動産物件は非常に高いので、賃貸物件を探す人が多いのが現状です。しかしその一方で、不動産物件を投資として購入する人もたくさんいます。今回は、サンディエゴに住んでみたいと思っている人のために、どのような住居を選んだらいいのかという住まいのオプション6選をご紹介します。

1.ドーム(Dorm/Dormitory)

ドーム(ドミトリー)とは学生寮のことです。留学でサンディエゴに来るんだったら最初はやっぱり学生寮があるかどうかをチェックしましょう。何といっても学校に近くて便利だし、学生同士の交流もできます。経済的にもベストなオプションです。学生寮があるかどうかは学校によって異なるので、留学先で確認する必要があります。

2.ホームステイ(Homestay)

留学生だったらホームステイをしてみるのもおすすめです。私自身も最初の1年間はホームステイをしました。とても良い経験になると思います。
アメリカ人の家にホームステイすれば、学校以外でも英語の練習をする機会が得られます。大学の周辺には学生に部屋を提供している家庭もたくさんあります。ただアメリカ人家庭の場合、ビジネス感覚で学生を受け入れ、家賃収入を期待している人が多いのも事実です。ですから、休みの日には観光に連れて行ってくれるとか、食事に気を使ってくれるとか、あまり期待しない方がいいかもしれません。実際、日本人留学生に部屋を貸しているアメリカ人に話を聞いたことがありますが、やはり家計の足しにするためにしているということでした。でも、受け入れる側にとって日本人留学生は人気だそうです。とても静かだし、あまりたくさん食べないからだそうです。
また、アメリカに来たばかりで英語に自信がない場合、夫婦の片方が日本人という家庭を選ぶことも一案です。せっかくアメリカに来たのだから生活は全部英語でという意気込みもわかりますが、たった一人でのアメリカ生活にはなにかとストレスも多いものです。その点、日本人がいる家庭にホームステイしていると何かあったときに日本語でのサポートが得られます。普段の食事に日本食が食べられるというのも大きな魅力です。サンディエゴは日本人が多いですから、日本人家庭を探すのは難しくありません。私の知人でアメリカ人家庭にホームステイしていた人は、わずか半年ほどでかなり太りました。ハンバーガーやピザなどのファーストフードの食事が多かったからだそうです。アメリカ人家庭でも日本人家庭でも、料理好きなホストマザーがいる家庭にホームステイできたらかなりラッキーだと言えるでしょう。

3.アパートメント(Apartment)

南カリフォルニア・サンディエゴで住居探しする人の選択肢6選・アパートメント(Apartment)
サンディエゴに長期滞在しようと思っているなら、アパートメントの賃貸も選択肢のひとつです。サンディエゴの家賃は安くないですが、数人集まって「シェアする」という方法もあります。学生でなくてもアパートメントをシェアしている人はたくさんいます。友達同士でシェアする場合もあるし、一般にルームメイトを募集して共同生活をする場合もあります。
アパートメント探しは、インターネットでもできますが、入居者募集のサインなどが表に出ていることもあります。気に入った物件を見つけたら、直接大家さんに電話をかけて空き状態を確かめることができます。ただし、低所得者用のアパートメントも多いので、気に入って空きがあったとしても収入が基準よりも上だと入れない場合もあります。

⇒サンディエゴのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

4.コンドミニアム(Condominium)

コンドミニアムとは、いわゆる分譲マンションのことです。独身や子供がいないカップルなどに人気です。居住者専用のプールやテニスコートなどの共用施設が充実しているものが多いです。中にはバケーションホームとしてのコンドミニアムもあります。
ちなみに「マンション」は英語では「大豪邸」のことです。「私はマンションに住んでます。」なんて言うとかなりのお金持ちだと思われてしまうかもしれません。

5.タウンハウス(Townhouse)

見た目は普通の一戸建てと同じように見えますが、どこか一箇所壁を隣と共有しています。各ユニットにはガレージもついているし、バスルームも1つ以上ついているところがほとんどです。コンドミニアムよりもスペースが広く部屋数も多いので、子供がいる家族に適しています。コンドミニアムと同様、居住者専用のプールやテニスコートなどの共用施設が充実しているものが多いです。

6.土地つき一戸建て(Single Family Home)

南カリフォルニア・サンディエゴで住居探しする人の選択肢6選・土地つき一戸建て(Single Family Home)
いわゆる土地つき一戸建ては、シングルファミリーホームと呼ばれています。ファミリーという言葉がついているからといって家族用という意味ではありません。実際、学生や独身の社会人が数名集まって共同生活をしているケースも多々あります。一軒家の家賃はそれなりに高いですが、数名で分担すると比較的リーズナブルな価格になります。
一軒家を賃貸するにしても購入するにしても、子供がいる家族連れの場合は、どの学校区にするかを優先的に考えた方がいいかもしれません。良い学校区と不動産価値は直結しています。つまり、良い学校がある地域の不動産物件の価値は高いということです。たいてい治安の良し悪しも価格に比例していることが多いので気をつけましょう。

南カリフォルニア・サンディエゴで住居探しする人の選択肢6選のまとめ

滞在の目的や期間によって、住まいの選択は変わってくると思います。賃貸の方が家の修理やメンテナンスに気を使う必要がないので気楽でいいという人もいます。一方、家は自分の財産や投資になるので購入する方がいいという人もいます。住まいを選択するときは、滞在の目的や自分のライフスタイルに合っているかどうかをよく検討してから決めたいものですね。
⇒サンディエゴのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:Hechim】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。