総再生回数

660,712,138

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

シンガポール・チャンギ国際空港のココがおすすめ!楽しい過ごし方3選

シンガポール・チャンギ国際空港のココがおすすめ!楽しい過ごし方3選
トランジット時間が長い、早朝、深夜の出発、到着で時間を持て余している方にご紹介したいのが、今回ご紹介いたしますチャンギ国際空港での過ごし方です。
私はマレーシアのジョホールバルに行く際には、シンガポールのチャンギ国際空港を利用することが多くあります。ジョホールバルとシンガポールはまさにお隣さんの関係でとてもアクセスが良いからです。まさにマレーシアの玄関口でもあります。
そもそも国際空港の中でチャンギ国際空港はとても快適に過ごせる空港です。それだけ施設とサービスが充実しており、世界的に評価されています。
国際空港評議会(ACI Airports Council International)が発表している空港の格付けに世界最優秀空港賞(Airport Service Quality Awards)というものがあります。
この格付けは4つのカテゴリー(2014年版)、「地域別(Best Airport By Region)」「旅客数別(Best Airport By Size)」「小空港(Best Small Airport)」「最高の改善(Best Improveme)」があり、チャンギ国際空港が関係する「地域別−アジア・太平洋州」、「旅客数別」において、2014年度は堂々の2位を獲得しています。
過去の受賞歴を探ってみますと、地域別では2008年から2014年までずっと2位を獲得し続けています。ちなみに、1位は韓国のインチョン国際空港です。それも2006年からずっと1位を独占しています。
2015年は是非、チャンギが悲願の1位を獲得して欲しいと思います。
少し残念なのは、日本の空港はこのカテゴリーでは一度も表彰を受けたことがないことです。空港施設の魅力が少ないと言えるのかもしれませんが、インチョン、チャンギに学んで欲しいと思います。
さて、その魅力一杯のチャンギ国際空港のココがおすすめ!楽しい過ごし方をご紹介します。

1.映画を見よう!

何と言っても映画を無料で見る事ができます。さながら小規模な映画館がターミナル2と3に1カ所ずつ設置してあります。
ターミナル2の映画館は3階フラワーガーデン(Sunflower Garden)近くに、ターミナル3の映画館は3階アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)近くにあります。
おすすめはターミナル3にある映画館です。こちらの方が椅子席も多く(40席くらい)、椅子も映画館と同様の作りとなっています。映画好きな私にとって、飛行機の中でも映画、空港でも映画はとてもうれしいサービスです。トランジットで時間を持て余している方は、是非ここで映画を楽しんでください。

2.食事をしよう!

シンガポール・チャンギ国際空港のココがおすすめ!楽しい過ごし方3選・食事をしよう!
空港内にはたくさんの食事施設があります。ファーストフード店、中華、イタリアン、インド、アジア、和食と様々な料理が味わうことができます。
そして、日本人にとってはやはり和食を食べたいですよね。特に海外在住の方ならば、いち早く食べたいのがお寿司やおでんなどの日本ならではの和食ではないでしょうか。
ここでおすすめしたいレストランが、ターミナル1にあります「グリーンマーケット(The Green Market)」です。なぜ、ここをお勧めするかというと、味もさることながら無料で利用できるからです。無料と言っても、少し条件があります。それは、プライオリティパスの会員であることや、クレジットカードのアメリカンエキスプレスやダイナースクラブの会員向けのサービスです。
プライオリティパスは世界中の空港のラウンジを使用できるサービスで、年会費89ドル((2015年5月時点)から加入できます。でも、多くの方は正規に加入するのでなく、クレジットカードの付帯サービスを利用しています。
私の場合は、楽天カードのプレミアムに加入していますので、その付帯サービスとしてプライオリティパスが無料で使用できています。楽天カード以外でも、アメリカンエクスプレス、JCBのカードで利用できます。
詳しくはカード会社にお問い合わせ頂ければと思いますが、私はプライオリティパスが欲しいがためにこの楽天カードに加入した経緯があります。
それも、ラウンジ内の食事でなく通常のレストランで条件付きではありますが無料で食事ができるのはとてもありがたいです。そして和食が食べられます。
注意して頂きたいのは、メニュー全てが無料でなく、ALL DAY SET MENUEと店内のビュッフェが無料で頂けます。このセットメニューですが、私の時は、「茶碗蒸し、ブリの照り焼き、サーモンの刺身、かやくご飯」のセットが出てきました。ビュッフェでは、おでん、そば、サラダ、きんぴらごぼうなどがあり、充実していました。
セットメニューで足りないかたは、ブッフェでその分補完できます。ビュッフェとセットメニューどちらも味わえるのがとてもうれしいですね。

⇒シンガポールのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.ゆっくりとくつろごう!

映画を見て、食事をして、インターネットはフリーWiFiで十分ネットサーフンできる。あとは少しゆっくりとできる環境が欲しい、シャワーを浴びたいという方はラウンジでくつろぎましょう。
プライオリティパス保持者やビジネスクラス以上の渡航者は無条件でビジネスラウンジを使用できますが、ラウンジに入れない方でも心配いりません。
各ターミナルの2階(レベル2)にある「レスト・エリア」ではロングチェアのリクライニング付きシートが常設されています。それも寝過ごさないために、心地よいバイブレータで起こしてくれる目覚まし機能付きのものもあります。
もちろん無料で使用できますが、早いもの勝ちですので見つけたら即確保してください。
場所は、ターミナル1ならゲートC付近にあります。ここは比較的すいているようです。ターミナル2には「オアシスラウンジ」と「サンクチュアリラウンジ」の2つがあり、仮眠用に照明が暗くされています。私が行ったときは全てが使用中でした。
第3ターミナルの「スヌーズラウンジ」が1階メインイベントエリアから左右にあるエスカレーターを上った2階にあります。ここも人気の場所みたいで、ほとんどが使用中でした。
このような無料ラウンジは誰でも気軽に使える分、荷物の盗難には十分注意してください。眠っているときに盗まれないように防犯対策をして、おくつろぎください。

【番外編】シティツアーに出かけよう!

チャンギ空港ではトランジット時間が5時間以上ある方向けに、無料のシティツアーが開催されています。
第3ターミナルに「無料シンガポールツアー(Free Singapore Tour)」のブースが設置されています。搭乗券とパスポートを提示して申込ができます。トランジット時間が長い方には一番のサービスですね。
約1時間30分のツアーで2コースあります。「遺跡ツアー」と「シティライトツアー」です。遺跡ツアーは午前2回、午後2回開催されており、シティライトツアーは夕方2回開催されています。それぞれ、出発時間の1時間前に申込が閉め切られますので、ご注意してください。
詳しくは英語になりますが、こちらを参照ください。
http://www.changiairport.com/at-changi/leisure-indulgences/free-singapore-tour

シンガポール・チャンギ国際空港のココがおすすめ!楽しい過ごし方3選のまとめ

これらが私がいつもチャンギ国際空港で過ごす方法です。空港にいるのが全く苦にならないのはまさしく充実した空港の施設とサービスのおかげです。ご参考にしてください。
また、チャンギ国際空港内の地図はこちらのサイトが分かりやすいです。
http://www.changiairportgroup.com/export/sites/caas/data/AirportGuides/Airport-Guide-Nov13-Feb14-JAP_LR.pdf
⇒シンガポールのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:かしまいる】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。