総再生回数

659,825,146

動画登録数

622

海外不動産、海外生活、海外旅行のキュレーション型動画メディアサイト。海外在住者のおすすめ情報、ノウハウ記事も多数掲載。追加登録・削除のご依頼、各種お問い合わせはコチラから。

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選
スイスと言ったら大自然、アルプス、永世中立国、チョコレート、チーズフォンデュなどが思い浮かぶかと思います。その通り、スイスは雄大な自然が広がり、とっても美しい国です。
スイスは3言語の地域に分かれていて、チューリッヒを代表とするスイスドイツ語圏、ジュネーブを代表とするフランス語圏、そしてルガーノを代表とするイタリア語圏があります。
そんなスイスを旅行する際に、おすすめのお土産をご紹介いたします。

1.アーミーナイフ

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選・アーミーナイフ
スイスのお土産と言えばこれ!という代表格です。名前の通り、元は軍隊が使っていた便利なナイフ。
スイス人で持っていない人はいないほど必需品だとか。永世中立国であるスイスは自分の身は自分で守る、というのが常識なんでしょうか。各家庭に地下核シェルターを作ることも法律で義務づけられているそうです。そんなスイスアーミーナイフは、ナイフ、缶切り、栓抜き、コルク抜きなどの他に、大きさや値段にもよりますがドライバーやピンセット、ライトなどがついたものもあり、アウトドアやBBQなどにとても便利で、それに緊急災害用に1つあると安心かもしれません。
また、ナイフというとなんだかゴツいイメージがあるかもしれませんが、最近は女性用に携帯に便利な小型のものやメモリースティックサイズのスリムなものまで登場しています。そのままキーホルダーにもできるそう。それにカラーバリエーションもとても豊富です。お店によっては名前を刻印してくれるところもあります。

2.ミルクチョコレート

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選・ミルクチョコレート
チョコレートが大好きな方は多いと思いますが、実はミルクチョコレートはスイスで誕生しました。日本でも手に入るリンツやトブラローネの他、日本では手に入らない老舗のチョコレート店も多数あります。
その中でもおすすめのチョコレート店はこちらです。

Sprüngli(シュプリングリ)

チューリッヒにある1836年からつづく老舗チョコレートメーカーです。口の中でとろけるまろやかなチョコレートが絶品。美味しさは間違いありません!チョコレートのほかにもマカロンなどがあり、店内のディスプレイも美しくて見ているだけでわくわくするほど。シュプリングリはスイス国内だけでしか販売を行っていないので、お土産にもピッタリです。街で買いそびれた場合も、チューリッヒ空港内にも店舗があるのでそちらで購入可能です。

Callier(カイエ)

こちらはフランス語圏のレマン湖近くの街ヴェヴェイに1796年から続くチョコレートメーカー。パッケージは普通なんですが、味は抜群に美味しいし、何より値段がとても良心的。たくさん買いたい方にはおすすめのメーカーです。販売はここヴェヴェイと、スイス国内に展開しているスーパーマーケットMigros(ミグロ)でも購入可能です。

Chocolaterie Maier(ショコラトリー マイアー)

こちらもレマン湖近くのモルジュと言う街のチョコレートメーカーです。このお店は晩年のオードリー・ヘプバーンが通っていたということでも有名で、オードリーの顔のパッケージのチョコレートもあります。

⇒スイスのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

3.ハーブソルト

どんな料理にも合い、おいしく変身させてくれるという魔法のようなハーブソルトも密かに人気があります。なんと言ってもスーパーマーケットで買える気軽さがいいですよね。中でも、A.VogelというメーカーのHerbamareという種類が大人気です。お肉や魚の他にサラダのドレッシング作りなどに使うと風味がグンと増しますよ!これはお料理好きな方や主婦には喜ばれるお土産だと思います。

4.ハーブティー

アルプスのふもとにあるスイスにはいろいろな種類のハーブがあります。ハーブティーの種類もとっても豊富。症状や自分にあったハーブティーを見つけるのもいいし、素敵なパッケージを見てるだけでも楽しいですよ。
どれを買ったらいいか悩む、という方におすすめなのがエーデルワイスのハーブティー。スイスを舞台にした映画「サウンドオブミュージック」の中で歌われる有名なあの歌のエーデルワイスです。高地に咲くこの花はパッケージにも花が描かれているのでスイスっぽさも演出できてお土産としてちょうどいいです。専門店に行かなくてもスーパーマーケットで手に入ります。

5.Freitag(フライターグ)のかばん

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選・Freitag(フライターグ)のかばん
日本でも大変人気のあるリサイクルバッグ「Freitag」。このかばん、どこかで見たことありませんか?
このブランドはスイスのチューリッヒ生まれ。トラックの帆と車のシートベルト、タイヤのチューブなどを再利用して作られたリサイクルバッグで、2つとして同じ物がないオリジナル性が人気です。リサイクルバッグとしてはかなり高価なのに、スイスではこのバッグを持った人が非常に多い!
リサイクルやエコにも積極的なスイス。フライターグはチューリッヒ市内に本店があり、当然ですが品揃えは世界一。すべてのモデルが揃っています。お店自体もコンテナを再利用したデザインで、店内には様々なモデルのかばんや財布、小物が並びます。お値段も日本と比べると若干割安です。フライターグファンのあなたのお気に入りの一点が見つかるといいですね!

6.チーズフォンデュ

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選・チーズフォンデュ
スイスはチーズ天国。アルプスの少女ハイジが食べていたラクレット、そしてチーズフォンデュが2大スイスチーズ料理と言えるでしょう。チーズフォンデュに使うチーズで代表的なのがエメンタールチーズ。トムとジェリーなんかでおなじみの、穴のあいたチーズです。その他にはグルイエールチーズという濃厚でさわやかな風味のチーズもチーズフォンデュ向きです。ラクレットは料理名でもあり、チーズの名前でもあります。
チーズフォンデュを楽しむにはフォンデュ鍋は必須!キッチン用品店やスーパーにもカラフルでかわいいフォンデュ鍋がたくさんあります。持ち運びがちょっと、、という方にはミニフォンデュ鍋はいかがですか?スイスで食べた美味しいチーズフォンデュを自宅でも再現できますよ。

コレを買わずには帰れない!スイスのおすすめ土産6選のまとめ

いかがでしたか?スイスといえばあと1つ、とても有名なものが・・・そう、高級スイス時計です!こちらは予算に余裕のある方向けですね。個人的にはスイスの自然由来のコスメ、ハーブティー、調味料などがおすすめです!チョコレートも日本のものよりとっても美味しいし、お店によって味が違うのでぜひいろいろ味見してみてください。よい旅を!
⇒スイスのホテル情報をagodaでチェック(宿泊料金・レビュー・空室検索)

【担当:kikko816】

海外旅行で役立つ!厳選サービス

[1] 日本最安の海外専用プリペイドカードのマネパカードがあれば、空港で両替するより断然オトクです。
[2] 自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi。 キャリアの海外パケ放題より断然オトクです。
[3] テレビCMでお馴染みのDMM.com証券でFX取引を楽しみながら外国為替の変動に強くなりましょう。

この記事が参考になったら、下記ボタンから是非シェアを。